【パナマ戦速報】日本、南野のゴールで先制!! 代表デビューの19歳DF冨安も好パフォーマンス!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月12日

青山の縦パスから南野が抜け出し落ち着いてネットを揺らす

代表デビューとなった冨安が好プレーを見せている。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 キリンチャレンジカップ2018の日本代表対パナマ代表は10月12日、デンカビッグスワンスタジアムで19時35分にキックオフされている。


 4-4-2でスタートした日本のスタメンは、GKに権田修一を起用。DFは右から室屋成、冨安健洋、槙野智章、佐々木翔と並び、中盤はボランチに青山敏弘と三竿健斗。サイドハーフは左に原口元気、右に伊東純也が入り、2トップは大迫勇也と南野拓実が起用された。

 日本は序盤、安定した守備から両サイドを起点とした攻めを見せるが、パナマの堅い守りにアタッキングサードを崩し切れない。3分には左サイドを駆け上がった佐々木が鋭いクロスを入れるが、飛び込んだ伊東にはわずかに合わない。

 パナマの堅守に膠着状態となりかかったが23分、青山からのスルーパスに反応した室屋が最終ラインの裏に抜け出す。GKと1対1となりかかるも、室屋はクロスを選択。飛び込んだ南野には惜しくも合わず、ファーサイドでボールを拾った佐々木のシュートもDFのブロックに阻まれた。

 日本は30分過ぎからパナマの攻勢を受け始めるが、A代表デビュー戦となった19歳の冨安がパートナーの槙野とともに最終ラインを統率。パナマに隙を与えない。

 38分には冨安からの縦パスに反応した大迫が敵陣深くで起点となると、折り返しのパスを南野が受けるも、相手DFの粘りに遭いシュートを打ち切れず。

 しかし42分、日本は青山の縦パスに反応した南野が抜け出し、GKとの1対1を落ち着いて制し、ゴールネットを揺らす。日本がついに先制に成功する。

 結局、前半は1対0で日本がリードして終了した。

 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月4日発売
    歴代レジェンドチーム
    最強はここだ!!
    1990年以降の「ナンバー1」を
    海外記者の投票で決定
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ