ベティスがルクセンブルク王者を下してEL初勝利! スタメン出場の乾貴士は72分までプレー

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年10月05日

乾は果敢にシュートを放つが初ゴールは生まれず。

サナブリア(右からふたり目)の1ゴール・1アシストの活躍でベティスが勝利。乾もスタメン出場を果たした。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間10月4日に実施されたヨーロッパリーグ第2節、ベティス対デュドランジュの一戦は、3-0でホームのベティスが勝利した。

 開始直後から圧倒的なベティスのペースで進んだ試合ではあったが、ルクセンブルク王者の固い守りに苦しみ、ベティスはなかなか1点を奪えずにいた。スタメン出場を果たした乾貴士も、トップ下から積極的にミドルを放ったものの枠を捕えられず、敵ゴールを脅かすには至らなかった。
 
 ようやくその堅守を突き破ったのは56分だった。CKのチャンスでシドネイの折り返しに合わせたアントニオ・サナブリアのヘッドが、ゴールラインテクノロジーによって認められ、ベティスがついに先制した。

 その後もボールを支配しつづけたホームチームは、途中出場のジオバニ・ロ・チェルソが、サナブリアのパスから左足で叩き込み、粘るデュドランジュを突き放す。そしてさらに88分にも、乾に代わって72分にピッチに入っていたホアキン・サンチェスのパスから、クリスティアン・テージョが決めて3点のリードを奪った。

 試合はこのまま3-0でベティスが勝利。乾はしきりにポジションを変えながらボールをもらえる位置に動き、35分までに3本のシュートを放つ積極性を見せたものの、この日も待望のゴールは奪えなかった。

 勝ったベティスは10月7日、ラ・リーガ第8節でアトレティコ・マドリーと対戦するが、スペイン屈指の強豪クラブ相手に公式戦4連勝を達成できるか。乾には引き続き、ゴールやアシストといった目に見える結果を期待したいものだ。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ