浦和が3連勝で暫定6位に!エースの興梠慎三が絶妙ループとボレーで2得点

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月30日

先制を許したものの、直後に反撃を開始

2点を決めて勝利に導いた興梠(30番)は、マークを外す動きが秀逸だった。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

[J1リーグ28節]浦和3-2柏/9月30日/埼玉
 
 J1リーグ28節の浦和レッズ対柏レイソルが30日、埼玉スタジアム2002で行なわれ、浦和が3-2で勝利を収めた。浦和は今季2度目の3連勝だ。
 
 35分に柏のオルンガに先制点を奪われた浦和だったが、直後に反撃を開始。38分に武藤雄樹のクロスを受けた長澤和輝がゴール前の混戦を抜け出し、GKとの1対1を制して同点弾を叩き込む。さらに、その3分後には相手最終ラインにプレスをかけてボールを奪い、興梠慎三がGKのポジションを見極めて鮮やかなループシュートを沈めた。
 
 一方の柏は、ビルドアップがままならずに攻撃が機能不全に陥り、個人技頼みのカウンターに終始する。クリスティアーノや江坂、オルンガが独力でなんとか局面を打開した際にはチャンスにつながったが、チームとしての連動したアタックはほとんど見られなかった。
 
 大雨が降ってきた後半は、浦和がさらに攻勢を強めた。56分には鮮やかなパス回しでエリア内に侵入し、武藤が決定的なシュート。GKに弾かれたが、入ってもおかしくない決定機を作る。
 
 しかし、このチャンスを逃すと60分に同点弾を決められる。クリスティアーノにクロスを上げられ、フリーの瀬川祐輔にヘッドをねじ込まれた。いずれの選手にもマークがついておらず、まさに集中力が切れた失点だった。
 
 その後はお互いに中盤でのプレスが甘くなり、打ち合いの展開に。そうして迎えた81分、浦和のエースがまたも仕事をやってのけた。右サイドから武藤が上げたクロスに反応し、値千金のボレーシュートを沈めたのだ。
 
 結局、このゴールが決勝点になり、浦和が勝利。勝点41とし、暫定6位に順位を上げた。敗れた柏の順位は変わらず、自動降格圏の17位と苦境に陥っている。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ