プレミア大一番は終盤にドラマ! リバプールが“切り札”のスーパーゴールでチェルシーと劇的ドロー!!

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月30日

互いの良さを出し合った一戦は89分にドラマが!

土壇場で追いついたリバプールが、敵地で勝点3に等しいドローゲームを演じた。 (C) Getty Images

画像を見る

 プレミアリーグ序盤戦の注目の大一番は、期待に違わぬ好ゲームとなった。

 現地時間9月29日、プレミアリーグ第7節、ロンドンのスタンフォードブリッジでチェルシーとリバプールが対戦した。

 1-2でチェルシーがリバプールに逆転勝ちを収めたリーグカップ3回戦から中3日で迎えたリマッチは、序盤から緊張感のあるなかで進行。そのなかで張りつめた空気を一掃する先制点を決めたのは、ブルーズのエースだった。

 25分、ジョルジーニョとの連携からフリーとなったコバチッチのスルーパスに抜け出したアザールが、左サイドから敵ボックス内に侵入して、最後はゴール右下隅へと冷静にフィニッシュした。

 鮮やかな連携から先制点を奪取したチェルシーは守備でも魅せる。31分、敵陣ペナルティーエリアへ抜け出した相手エース、サラーに守護神アリサバラガをかわされ、同点の大ピンチを迎えるも、ここで懸命に戻ったリュディガーがゴール目前でクリアしたのだ。

 攻守で魅せ場を作られたリバプールは、頼みのサラーを起点にした素早いパスワークで敵陣深くに攻め込みにかかるも、最後の最後でパスにずれが生じ、決定機の創出には至らなかった。

 1点をホームチームがリードして迎えた後半は、アウェーチームのアグレッシブさが目立つ展開となる。

 攻勢を強めるリバプールは、敵バイタルエリア付近まで持ち込むと、58分にマネ、59分にサラーが決定機を迎えるも、いずれもゴールには至らない。

 しかし、幾度かチャンスを作ったことで、レッズは俄然勢いが増す。71分にはサラーに代わって途中出場したシャキリが、72分にはフィルミーノが、それぞれ渾身のシュートを放つが、それでもチェルシーの堅牢を破ることはできない。

 60分以降から受け身に回ったチェルシーだったが、手堅い守備で応戦。攻撃面では、アザールが時折、速攻から敵陣へと鋭く攻め込んで、相手守備陣を脅かした。

 時間の経過とともに攻守の構図がハッキリと表れた試合は、攻め続けるリバプールは、78分にケイタ、さらに86分には、今シーズン、公式戦で3ゴールをマークしている“切り札”スターリッジを送り込んで、4トップ気味の捨て身の攻撃布陣で臨む。すると、試合終了間際の89分にドラマが待っていた。

 バイタルエリア付近でボールを持ったスターリッジが思い切った左足のシュートを放つと、鋭い軌道を描いたボールは、ゴール右上に突き刺さった。

 途中から起用したストライカーの土壇場の一撃でリバプールが追いついてみせた試合は、そのままドローで決着。しかし、両チームが多くのチャンスを演出し、随所で好プレーを見せた一戦は、首位攻防戦に見応え十分の内容であった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ