火曜日のイングランドvsスイス戦でモノクロ放送が復活! この時代にいったいなぜ?

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月11日

1969年のメキシコ戦以来、実に49年ぶり

イングランド代表はさっそく前日練習で『Kick It Out』のロゴ付きビブスを着用。火曜日のスイス戦でもユニホームにプリントされる予定だ。(C)Getty Images

画像を見る

 FA(イングランド・サッカー協会)と英衛星放送『Sky Sports』による斬新な試みが明らかとなった。
 
 現地時間9月11日、イングランド代表はレスターのキングパワー・スタジアムにスイスを迎え、ネーションズ・リーグ第2節を戦う。なんとこの試合の冒頭25秒間が、モノクロ(白黒)で生放送されることが決まったのだ。英紙『The Sun』によると、イングランド代表のゲームが英国内でモノクロ放送されるのは1969年6月のメキシコ戦以来、実に49年ぶりだという。
 
 いったいなぜこのような大胆な企画に打って出たのか。今回の試みに大きく関わっているのが、反人種差別団体『Kick It Out』(差別を蹴り出せ)だ。フットボール界における人種差別廃絶を期して、立ち上げられたのが1993年。あれからちょうど25年が経ち、その功績を称えるべく、FAが『Sky Sports』に持ち掛けた。最終的には共同企画として、実現の運びとなったのである。

 
 1か月前にFAはスイス戦で『Kick It Out』とコラボする旨を明かしていたが、ここまで大掛かりなものになるとは誰も予期していなかっただろう。イングランド代表の選手たちは前日練習から『Kick It Out』のロゴ入りシャツを着てトレーニングに励み、試合当日も胸に同じロゴを付けてピッチに立つ予定だ。
 
 同団体での活動経験があるFA諮問委員会のポール・エリオット氏は、「テレビの前の何百万のファンに、ほんの25秒だけでもいい。人種差別について考えもらえればと切に願う」とのメッセージを発信。そして『Kick It Out』のヘルマン・オーズリー代表は「力強い“気づき”となってくれると期待する。この25年という長い道のりでフットボール界がどれだけ変わったことか。人種差別だけでなく、世界中のあらゆる差別に対して想いを巡らせる時間となってほしい」と話した。
 
 49年ぶりにノンカラーで放送される代表戦。はたしてどんな反響を呼ぶのだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月27日号
    2月13日発売
    新シーズンを徹底展望
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    選手名鑑を特別付録で!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月6日発売
    欧州強豪クラブの
    最終スカッドが確定!
    「冬の選手名鑑」
    写真&コメント付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ