クリロナ最新の“愛車”は特別仕様のメルセデス! 気になるお値段は意外にも…

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月08日

マドリードに格納していた25台はどうなった?

最新の愛車とともにポーズを取るC・ロナウド。ナンバープレートには「JVT」の3文字が(写真は公式インスタグラムより)。

画像を見る

 今夏にユベントスへ移籍し、セリエAを大いに盛り上げているクリスチアーノ・ロナウド。トリノ郊外に構えた新居の様子を随時SNSで発信しており、家族とのニューライフを満喫しているようだ。
 
 そんなクリロナのSNS投稿において、いつも最大の注目を集めるのが「愛車コレクション」。前邸宅であるマドリードの超高級マンションには、およそ25台のスーパーカーが所狭しと格納されていた。そのうち何台をトリノに持ち込めたのかは判明していないが、ついにC・ロナウドは移籍後初となる“新車”を公開。ファンを熱狂させ、すでに918万件を超える「いいね」を獲得しているのだ。
 
 今回インスタグラムで「Work Done(作業完了)」の一文とともに掲載されたのが、愛蔵のなかでは珍しい大型SUV。メルセデス・ベンツの特別仕様車「AMG GLE 63 S」で、最低でも15万ユーロ(約1950万円)はしようかというモンスター級だ。ナンバープレーにはしっかりユベントスの略称である“JVT”の3文字が刻まれている。

 
 ただ、一般庶民にとっては手が届かなくとも、C・ロナウドにとってはお手軽車の部類に入るのかもしれない。なにせユベントスでの年俸は3100万ユーロ(約40億円)と言われており、他に所有するランボルギーニやマクラーレン、ロールスロイスなどはいずれも数億円を下らないものばかり。スペイン紙『Marca』は「市民がコンパクトカーを買う感覚かもしれない」と皮肉っている。
 
 いずれにせよカーマニアにとっては、その豪華コレクションはもはや博物館レベル。ユベントスの親会社であるフィアット社はマセラティやアルファロメロなども傘下に収めているだけに、本場イタリアでさらに世界を驚かせるスーパーカーをゲットするかもしれない。要チェックだ。

【PHOTO】世界有数のスーパーカーがずらり! C・ロナウドの「愛車コレクション」を一挙公開!
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ