エリクセンらデンマーク代表選手がサッカー協会と一時和解! フルメンバーでネーションズ・リーグに参戦へ

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年09月08日

サッカー協会と選手協会の間で一時的な和解が成立

ウェールズとのネーションズ・リーグには、エリクセンら主力揃いのチームで臨むことに落ち着いたデンマーク代表。選手たちもほっと胸をなで下ろしているに違いない。 (C) Getty Images

画像を見る

 先日、サッカー協会と代表選手たちの間で商業的な権利に関する契約がまとまっていないことから、代表戦に主力を招集できないというデンマークの窮地が、欧州メディアから相次いで報道された。

 5日にスロバキアとの親善試合、9日にウェールズとのUEFAネーションズ・リーグを控えていたデンマークは、どうしてもこれらの試合をこなす必要があった。以前、同様のトラブルが女子代表で発生した際、UEFA(欧州サッカー連盟)から警告を受け、最悪の場合、EURO2020への参加権をはく奪される恐れもあったためだ。

 そこでデンマーク・サッカー協会(DBU)は、3部、4部リーグの選手に加え、フットサル代表の選手を招集。予定されていたスロバキアとの親善試合に臨んだが、試合は0-3で敗れている。

 今回の一件について、デンマーク選手協会の代表でもあるトッテナムのMFクリスティアン・エリクセンは「8月に満了した契約を1か月分延長することを提案し、代表チームに参加する。その後に話し合いの場を設けるべき」という緊急声明を発表していたが、ようやくサッカー協会と選手協会の間で合意に達したようだ。

 DBUは改めて、代表メンバー23名を発表。エリクセンのほか、GKのキャスパー・シュマイケル(レスター)ら、ロシア・ワールドカップに挑んだメンバーと若手の選手を加えた代表チームで、ウェールズ戦に臨むことを明らかにした。

 DBUのイェスパー・メラー会長は自国メディアに対し、「重要な国際試合を正しく戦うことができる。この合意によって、選手たちは日曜日の試合に集中することができる」と喜びを表わした。

 ただし、DBUが改めて代表を発表した公式ツイッターのコメントでは、サポーターから「良かった」「安心した」といった声が寄せられた一方、「いつまでもこんな争いをしなければならない状態を変えるべきだ」「こんなことが二度とないよう、サッカー協会も選手側も歩み寄ってほしい」という悲痛な声も上がっている。

 ウェールズ戦のチケットは完売したそうで、サポーターの応援態勢は整っている。しかし彼らは今後も、サッカー協会と選手側の難しい問題にやきもきさせられそうだ。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月1日発売
    ストライカー
    「第3世代の衝撃」
    “新・FW黄金期"が
    まもなく到来!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ