【J1 リーグ再開!】週刊サッカーダイジェスト担当記者のチーム展望 川崎編

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年07月17日

崩しの局面で見せる多彩なコンビネーションに注目。

中村とともに川崎のダブル司令塔となる大島。局面でいかに違いを作れるかがポイントになる。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 7月15日に12節の延期分2試合が行なわれたJ1リーグは、19日の15節・9試合で再開する。『週刊サッカーダイジェスト』の編集部が、いよいよリスタートするJ1リーグ各チームの現況をお伝えする。
 
 14節終了時で、3位の川崎を展望するのは、大木勇記者だ。
 
Q1
リーグ序盤戦(14節終了時)の採点。結果・内容から100点満点で何点?
A1
70点。
 8位で中断期に入り(※12節・C大阪戦の勝利で3位に浮上)、内容もまだまだ改善の余地があるという意味で、序盤戦は70点。守備面ではカウンターやセットプレーに対して脆さを露呈し、攻撃面でも動きの質が低い試合も見られた。ポテンシャルを考えれば、もっと上位にいてもいい。
 
Q2
リーグ再開に向けてのチームの強みは?
A2
 中村と大島の2ボランチを軸としたポゼッションサッカーの質は、リーグ屈指の水準と言っても差し支えないだろう。そのパスワークを駆使し、前半はボールを回して相手を疲弊させ、後半に好き放題やるのがいつもの流れ。その部分は一貫した強みだ。
 
Q3
夏場以降に懸念される弱みは?
A3
 ひとつ目はCBの選手層か。主力の井川が負傷しており、その穴は實藤や中澤、谷口が埋める見込みだが、例年守備陣に負傷者が続出して苦戦を強いられている。ふたつ目は、中村と大島の勤続疲労だ。この2ボランチはチームの生命線であり、どちらかが欠けると戦い方にも支障が出そうだ。

15節・清水戦の予想スタメン

画像を見る

Q4
再開後のリーグ戦で、キーマンとなる選手は誰?
A4
森谷賢太郎/MF
大島僚太/MF
 攻撃面では、大久保&小林の2トップに一定の働きが期待できるだけに、森谷と大島のパフォーマンスが鍵となる。森谷は繊細なタッチでリズムに変化を加えられるだけに、崩しの局面でいかに違いを作れるかがポイント。また、ゲームメーカーとして頭角を現わしている大島も注目。中村とのダブル司令塔としてゲームをコントロールできるか。
 

Q5
15節・清水戦の見どころは?
A5
 中断期間を通してポゼッションスタイルに磨きをかけており、攻撃の切れ味は一層増した。中村&大久保の二枚看板を中心に、どれだけゲームを支配できるか。崩しの局面で見せる多彩なコンビネーション、アイデアに溢れた仕掛けは魅力に溢れている。
【関連記事】
7月15日にJ1リーグ再開!! 全18チームの現状をレポート
J1後半戦へのビジョン|川崎編|「個の力」にフォーカスした強化で手応えも
柿谷曜一朗、涙の国内ラストゲーム。セレッソへの溢れる思いを抑え切れず……
【2014 J1結果・採点|14節】川崎対横浜
【2014 J1結果・採点|13節】川崎対鹿島

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ