【J1 リーグ再開!】週刊サッカーダイジェスト担当記者のチーム展望 徳島編

カテゴリ:Jリーグ

週刊サッカーダイジェスト編集部

2014年07月17日

本気で残留を狙うならFWの即戦力補強が必要。

ムードメーカーでもある津田にゴールが生まれるようなら、チームも好調な流れに乗れるはず。(C)SOCCER DIGEST

画像を見る

 7月15日に12節の延期分2試合が行なわれたJ1リーグは、19日の15節・9試合で本格的に再開する。『週刊サッカーダイジェスト』の編集部が、いよいよリスタートするJ1リーグ各チームの現況をお伝えする。
 
 14節終了時で、18位の徳島を展望するのは、塚越始記者だ。
 
Q1
リーグ序盤戦(14節終了時)の採点。結果・内容から100点満点で何点?
A1
10点
 ある程度の苦戦は予想されたものの、断トツの最下位に沈んだ。しかも総得点、総失点ともにワーストで、確固たるスタイルを作れなかった。ただリーグ中断前には守備面に改善の兆しが見られ、組織が崩壊する試合は減った。全員が思い描く堅守速攻のプランをピッチで実現することが、奇跡のJ1残留への最低条件だ。
 
Q2
リーグ再開に向けてのチームの強みは?
A2
 今シーズン、清水で出場機会を逸していた村松が加わった。「データ的にも、ボール奪取力が突出している」(小林監督)と、徳島が最も欲していたタイプであり、チームのベースとなる守備力は格段に上がった。ボランチとCBをどちらも高いレベルでこなせるのも魅力的だ。さらに元神戸のダイナモ、エステバンの獲得も噂されている。
 
Q3
夏場以降に懸念される弱みは?
A3
 J1レベルで結果を残してきた選手が、前線にひとりもいない。戦いながら成長していくという狙いだったが、これまでFWの得点は高崎の1点のみ。前線にボールが収まらず、収まったとしても前を向けず、シュートにさえなかなか持ち込めない展開を繰り返してきた。再開を見据えて攻撃の改善も試みてはいるが、本気でJ1残留を狙うのであれば、FWの即戦力の補強も必要だろう。
Q4
再開後のリーグ戦で、キーマンとなる選手は誰?
A4(複数可)
津田知宏/FW
 昨年のプレーオフ決勝・京都戦で圧巻のボレーをねじ込んだ昇格の立役者だが、今シーズンはいまだノーゴール。ムードメーカー的存在でありながら、前半戦はしょんぼり沈んでスタジアムを去る姿を見せることもあった(その姿を見ると、こちらもかなり悲しくなる)。が、この中断期間に心身ともにリフレッシュし、過酷な沖縄合宿を経て彼らしい野性味を取り戻した。このお祭り男の1点は、1点以上の価値がある。ここぞという場面で待望の1点が決まれば、チームのムードも一変するはずだ。
 
Q5
15節・名古屋戦の見どころは?
A5
 津田ら元名古屋の選手が多く、古巣相手に静かに熱く燃えている。なによりJ1残留のために、ここから始まる3連戦の重要性を誰もが理解している。理想はロケットスタート。そして能力の高い名古屋の攻撃陣を抑え込めれば、確かな自信を掴めるだろう。徳島の運命を左右する一戦になる。
【関連記事】
7月15日にJ1リーグ再開!! 全18チームの現状をレポート
J1後半戦へのビジョン|徳島編|最下位から奇跡のJ1残留へW杯で得たヒント
柿谷曜一朗、涙の国内ラストゲーム。セレッソへの溢れる思いを抑え切れず……
【探訪ストーリー】柿谷曜一朗――再出発の地、徳島
【2014 J1結果・採点|14節】鹿島対徳島

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 夏のマーケットを読み解く!
    7月4日発売
    SUMMER TRANSFER 2024
    夏の移籍市場
    徹底攻略ガイド
    注目銘柄を総チェック
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ