「あまりに悲しくて…」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナは値千金弾を決めるも日本に苦杯

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月29日

「3位の座だけは絶対に勝ち取らなければ」

日韓戦で貴重な同点ゴールを挙げたイ・ミナ。韓国の精神的支柱は試合後、悲しみに暮れる仲間を励ましなが、銅メダル奪取に意識を切り替えていた(写真はKFA公式ツイッターより)。

画像を見る

 またしても韓国女子代表の悲願達成はお預けとなった。
 
 火曜日に行なわれたアジア大会・サッカー競技で、韓国は宿敵日本との準決勝に臨み、1-2で敗れ去った。先制点を奪われるも終始試合の主導権を握り、68分に追いついて一気呵成に畳みかけたかったが……。逆に86分、オウンゴールを献上して万事休す。このアジア大会は5大会連続でベスト4敗退という憂き目に遭い、ワールドカップやアジアカップを含めたすべてのメジャー大会で一度も、韓国女子代表は決勝進出を果たせていない。選手たちの多くは人目も憚らず、大粒の涙をこぼした。
 
 悲嘆に暮れる仲間を励まして回っていたのが、同点ヘッド決めたMFイ・ミナだ。実力と美貌を兼備するINAC神戸レオネッサのプレーメーカーは、日韓戦で圧巻のパフォーマンスを披露。チャンスを導くキーパスを幾度となく決め、献身的なフォアチェック、惜しみないフリーランで攻撃に幅と厚みを加えたのだ。その存在感は、INACの同僚である日本のFW岩渕真奈、MF中島依美、DF鮫島彩らを凌ぐほどだった。

 
 代表チームの躍進を支えてきた27歳。試合後のミックスゾーンに現われると、気丈にこう話した。
 
「なんとしてでも決勝に辿り着きたいと思っていたし、チームの誰もが全力でプレーしました。でも待っていたのはまたしても悲しい結末でしたね。試合が終わった瞬間はあまりにも悲しくて、言葉が出ませんでした。とくに後半は絶対に追いつけると信じていて、実際に追いついたまでは良かったんですが……。ただ、うつむいていては前に進めない。私たちにはまだもう1試合残っていると、ほかの仲間たちには言いました。かならずメダルを獲って帰るんだと。3位の座だけは絶対に勝ち取らなければ」
 
 過去2大会で3位入賞を果たしている韓国。台湾との3位決定戦に勝利すれば3大会連続でのメダル獲得となる。日本戦の惜敗を糧とし、史上最強の韓国女子代表チームはさらなる飛躍を遂げるか。メンタルリーダーであるイ・ミナは、すでに前を見据えていた。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月7日発売
    代表チーム別
    レジェンド完全格付け
    海外番記者・識者が
    TOP10を選定!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.31
    12月8日発売
    今年も決定版が完成!
    第99回高校選手権
    選手権名鑑
    男子出場全48チームを網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ