【U-20女子W杯】ヤングなでしこがドイツに完勝!2大会連続でベスト4進出!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月18日

過去のU-20女子W杯で通算1勝2敗だったドイツを序盤から圧倒!

後半に攻撃陣が本領発揮。準決勝では初の決勝進出を懸け、イングランドと対戦する。(C)Getty Images

画像を見る

[U-20女子W杯 準々決勝] 日本3-1ドイツ/8月17日/Stade de la Rabine

 フランスで行なわれているU-20女子ワールドカップに挑んでいるヤングなでしこジャパン。8月17日(現地時間)にベスト4入りを懸け、ドイツとの準々決勝に臨んだ。
 
 グループCを2勝1敗の2位で突破した日本は、主将の南萌華や宮澤ひなたなどを先発に起用。試合は序盤から日本のペースとなり、流れるようなパスワークから何度も相手ゴールに迫った。しかし、フィニッシュの精度を欠き、なかなか均衡を破れない。

 37分に遠藤純のクロスからペナルティエリア内でフリーになっていた宝田沙織が頭でゴールを狙うも、シュートは枠の外。前半はスコアレスのまま折り返した。
 
 迎えた後半も、日本は前半同様に攻め立てる。すると、59分だ。

 右サイドでボールを持った宮澤がハーフウェーライン付近からゴール前にロングフィード。ペナルティエリア手前のやや左でパスを受けた遠藤が、巧みなキックフェイントで相手のマークを外す。最後は冷静に右足でゴールネットを揺らし、良い流れで試合を進めていた日本が先手を奪った。
 
 1-0とした後も日本は攻撃の手を緩めない。宮澤を起点に何度も決定機を作り出す。70分にはゴール前でパスを受けた植木理子が追加点。さらに直後の73分には北村菜々美の左クロスに宝田が右足で合わせ、試合の行方を決定付ける3点目を奪った。

 終盤に入って、ドイツに1点を返されたが、日本は3-1で勝利。8月20日に初の決勝進出を懸け、イングランドと対戦することが決まった。
【関連記事】
ヤングなでしこがU-20W杯ベスト8に進出!2トップが“ツインハットトリック”の活躍
「ホンモノの女神だ!」韓国女子代表のビーナス、イ・ミナが約3か月ぶりに新たな自撮り写真を公開!
「ルックスも実力もエース!」「もはや歩く写真集だ」韓国のビーナス、イ・ミナが最新自撮り写真を公開!
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月21日発売
    2021ー2022シーズン版
    ビッグクラブ
    最新戦術ガイド
    海外エキスパートが解析!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ