岡崎慎司はさらなる窮地に!? 英紙が今季のレスターは「世代交代が一気に進む」と予想

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月07日

21歳の天才肌マディソンへの期待は膨らむ一方

岡崎とレスターの契約は来年夏まで。延長の可能性は小さいと見られており、ラストシーズンとなる公算が高い。(C)Getty Images

画像を見る

 英紙『The Guardian』が2018-19シーズンの開幕が目前に迫ったプレミアリーグを特集し、全チームのプレビュー記事を展開。8月6日の紙面ではレスター・シティを取り上げ、岡崎慎司についても言及している。
 
 昨シーズンは後半戦の大反攻作戦で9位にまで順位を浮上させたレスター。しかしこの3シーズンに渡って攻撃の中軸を担ってきたリャド・マハレズがマンチェスター・シティに移籍した。同紙は「新たなバランスが生み出されるだろう。昨シーズンから続く世代交代がクロード・ピュエル(監督)によってさらにスピードアップするはずだ」と記している。
 
 とりわけ、4-2-3-1システムの2列目が肝になると論じ、キーマンに推しているのが、今夏ノーリッジから獲得した期待の新星ジェームズ・マディソンだ。イングランドU-21代表でも主軸を張る21歳のプレーメーカーを、同紙は「ピュエルがどうしても欲しくて獲った逸材。トップ下で不動の地位を築くかもしれない」と絶賛。そのうえで、「長らくジェイミー・ヴァーディーの相棒を務めてきたシンジ・オカザキは衰えが隠せない。そのオカザキが幅を利かせていたポジションで、マディソンが新たなレスター像を創出するだろう」とした。

 
 フランス人指揮官はデマライ・グレイ(22歳)、フォセニ・ディアバテ(22歳)の若手アタッカーコンビにも大きな期待を寄せており、かつてレスターの代名詞だった堅守速攻からパスを主体としたスタイルへの転換もさらに推し進めるだろうと見ている。
 
 岡崎にとっては厳しい情勢で、前線にはほかにもケレチ・イヘアナチョ、今夏にモナコからやってきたマハレズの後継者、ラシド・ゲザルも調子が上向き。スーパーサブでの出場が現実的で、少ないチャンスで結果を叩き出したいところだ。
 
 ちなみに同紙はレスターの順位を昨シーズンと同じ9位と予想した。8月10日の開幕戦では、マンチェスター・ユナイテッドと敵地オールド・トラフォードで対峙する。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月11日発売
    欧州クラブ選手名鑑の決定版!!
    2019-2020
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト9月26日号
    9月12日発売
    世界が見た「Jリーグ」
    オシムやジーコら
    総勢51名に直撃!
    シンジ&ケンゴも登場!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月19日発売
    現役監督が「ビッグ12」の
    戦力を採点&格付け
    「CL完全読本」
    全32チーム選手名鑑付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ