「歴史は続く」「素晴らしい知らせ」かつての戦友たちがマルディーニのミラン復帰に喜び

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月06日

ミラン一筋を貫いたレジェンドが盟友レオナルド誘われて。

9年ぶりにミランに復帰したマルディーニには、数多くの「お帰り」の声が。(C)Getty Images

画像を見る

 ミランは8月5日、OBのパオロ・マルディーニがクラブに復帰することを発表した。

 2009年に現役を引退するまでミラン一筋だったレジェンドのマルディーニだが、ユニホームを脱いでからはアドリアーノ・ガッリアーニ元CEOとの確執などもあり、クラブから遠ざかっていた。

 中国資本になってから入閣を打診されたマルディーニだが、実権を持てないかたちでの幹部就任を拒否。だが今回、アメリカのヘッジファンド『Elliott』が経営権を握り、GD(ゼネラルディレクター)となった盟友レオナルドに誘われ、スポーツ部門の「開発戦略ディレクター」という役職でついに復帰を遂げた。

 長年に渡ってキャプテンマークを巻き、ミランの顔だったマルディーニだけに、その復帰を喜ぶ声は多い。かつてともに戦った仲間たちも同様だ。

 マルディーニの前にミランでキャプテンを務めたフランコ・バレージは、現役時代のツーショット写真をツイッターに投稿。「素晴らしい知らせだ。おかえり、パオロ」と歓迎した。
 
 一方、マルディーニの引退後に腕章を託されたマッシモ・アンブロジーニも、インスタグラムで「新しい挑戦に向けてエールを送りたい。あなたはそれにふさわしい」とコメント。「キャプテン」「赤と黒」などのハッシュタグとともに、先輩の古巣復帰を喜んだ。

 また、2003年のチャンピオンズ・リーグ優勝などに貢献したアンドリー・シェフチェンコは、インスタグラムで「歴史は続く。おかえり、我が友人よ」と投稿。「ForzaMilan(頑張れミラン)」などのハッシュタグをつけて、戦友の現場復帰を祝福している。

 選手として数々のトロフィーを掲げてきたマルディーニは、愛するミランを再びかつてのような黄金期に導くことができるだろうか。
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月16日発売
    初夏の風物詩
    2019-2020シーズン
    BEST PLAYERを発表!
    リバプール優勝記念特集も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ