大迫勇也の“キャプテン翼・愛”をブレーメン地元紙が特集!「ずっと僕のロールモデルだった」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月05日

フィニッシュの引き出しの多さはそこが原点?

大迫にとっても「キャプテン翼」は大事な存在だったようだ。ブレーメンでスーパーショットを連発するか!? (C)Getty Images

画像を見る

 新天地ヴェルダー・ブレーメンで着実に足場を固めているのが、日本代表FWの大迫勇也だ。合流まもないなかでもテストマッチで存在を示し、一線級が揃う攻撃陣にあってレギュラーの有力候補に名乗りを上げている。
 
 そんな大迫をフィーチャーしたのがブレーメンの地元紙『Weser Kurier』で、ドイツでも人気の漫画&アニメ『キャプテン翼』に関連付けた記事を掲載している。同紙は同作品のストーリーや主人公である大空翼の生い立ちなどをこと細かに紹介。さらに作者である高橋陽一さんが1980年代前半、日本ではマイナースポーツだったサッカーになぜスポットライトを当て、作品にどんな想いを込めたのかにまで踏み込んでいる。


 
 大迫にとっても“キャプツバ”は大きな存在であり続けたようだ。
 
「小さかった頃、大空翼は僕にとってのロールモデル(理想のモデル)でした。それがあったからサッカーを始めたのです。すごく興奮してアニメを観てましたね。いつかはあんなスター選手になりたいと思っていました。周りのサッカー少年はみんな熱中していましたよ」
 
 フィニッシュの引き出しが図抜けて多い大迫の原点は、まさにそこあったのかもしれない。
 
 最後に同紙が日本国内で新シリーズが放送開始になったことを伝えると、「そうですよ。いまでも人気は健在ですから」と答えた大迫。記事にはこれといったオチがなかったが、地元メディアもファンも、本拠地ヴェーザーで“翼”ばりのスーパーショットを期待しているのは間違いない。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ