「手が付けられない」と独誌が絶賛! ハノーファー浅野拓磨がプレシーズンでゴールを量産中!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月05日

ウディネーゼ戦でも切れのある動きで1得点

プレシーズンで結果を出し続けている浅野。指揮官の信頼を掴みつつあり、ブレイクの予感を漂わせる。(C)Getty Images

画像を見る

 今夏からドイツ1部のハノーファー96に活躍の場を移した日本代表FW、浅野拓磨。同じタイミングで同胞の原口元気も加入し、気の知れた仲間とともに新天地で新たなチャレンジをスタートさせている。
 
 ロシア・ワールドカップの最終登録23名に残れなかった浅野は、バックアップメンバーとして日本代表チームに帯同した。グループリーグ初戦のコロンビア戦後に離脱し、束の間のオフを経て7月9日にハノーファーに合流。いきなり紅白戦で存在を示すと、テストマッチでゴールを量産して結果を叩き出している。アンドレ・ブライテンライター監督をして、「アサノの得点感覚と加速力は素晴らしい。我々にとって大きな武器になると確信している」と言わしめたのだ。

 
 原口が7月下旬にやって来ると、チームはいよいよフルメンバーでの最終調整に入った。浅野は4-4-2システムで2トップの一角を担い、8月1日のオーストリア1部・ヴォルフスブルガーAC戦で1ゴール。ゴール前でのキープから粘って右足を振り抜いた。そして3日後のウディネーゼ戦(1本目)でもスタメンを飾り、32分にカウンターから1ゴールを挙げてみせる。右サイドを突破したサレンセン・バゼーが中央にシュート性のクロスを送り、鋭く反応した浅野がスライディングで相手GKの機先を制した。試合はハノーファーの5-1圧勝に終わっている(原口は2本目でフル出場を果たし、攻守に貢献。こちらも2-1でハノーファーが勝利)。
 
 浅野の活躍ぶりを報じたのがドイツのサッカー専門誌『Kicker』で、「タクマ・アサノがまたしても決めた。調子がよく手が付けられない状態だ」と記し、「(2トップで)ニクラス・フュルクルクの相棒をしっかり務め上げている」と称賛。スタメンの有力候補に挙げている。
 
 昨シーズンのシュツットガルトでは出場機会に恵まれず、ワールドカップでは落選の憂き目に遭った23歳。捲土重来を期す新シーズンに向けて、上々の仕上がりをみせている。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ラグビーダイジェスト
    10月25日発売
    完全保存版
    ワールドカップ2019
    大会総集編
    全試合を徹底詳報!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月28日号
    11月14日発売
    冬の移籍マーケット
    Jリーガー、欧州組etc
    注目株30人の
    「去就大予測」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月7日発売
    バロンドール候補から
    知られざる実力者まで
    世界を沸かせる
    最新「HOT 100」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ