モドリッチがインテル移籍へ一気に傾く!? 来週の会談でマドリー会長に退団を直訴か

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年08月05日

ビダルをバルサに奪われたインテルは年俸15億円で口説く!?

インテル移籍へ動きが激しくなっているモドリッチ。一部では相思相愛とも伝えられているが、はたして…。 (C) Getty Images

画像を見る

 レアル・マドリーの天才司令塔の移籍話が熱を帯び始めている。イタリア・メディア『Sky Sports』など複数メディアが、クロアチア代表MFルカ・モドリッチの去就に関して気になる情報を伝えている。

 2012年の夏にトッテナムから移籍して以来、マドリーのチャンピオンズ・リーグ3連覇などに貢献し、不動のプレーメーカーとして君臨しているモドリッチ。先のロシア・ワールドカップでも、クロアチア代表として出色のプレーでチームを牽引。母国を史上初の準優勝に導き、自身は大会最優秀選手にも選ばれた。

 そんなモドリッチは、ここ最近、セリエAのインテル行きの噂が絶えず報じられている。
 
 7月31日に『Sky Sports』は、インテルのピエロ・アウジリオSD(スポーツディレクター)が、モドリッチの代理人と接触し、さらにイタリアでバカンス中のモドリッチも「新しい挑戦がしたい」と関係者に漏らすなど移籍を画策していると報道。

 これに対して、マドリーのフロレンティーノ・ペレス会長は、「モドリッチが出ていく可能性があるのは、7億5000万ユーロ(約960億円)が支払われた時だけだ」と、2020年6月まで契約が残っているクロアチア代表MFを獲得するには、天文学的な契約解除金の支払いが必要であると訴え、退団説を一蹴した。

 マドリーが徹底抗戦の構えを見せたことで、インテルは、以前から目をつけていたとされるバイエルンのチリ代表MFアルトゥーロ・ビダル獲得に注視。移籍金2000万ユーロ(約25億6000万円)前後で決着がつき、モドリッチ獲得は断念するかに思われた――。

 がしかし、事態は急転する。8月3日(現地時間)にバルセロナがビダル獲得を発表したのだ。これによって、インテルは再びクロアチア代表MFの獲得に本腰を入れ始めている。

「Sky Sports」によれば、インテルは現在32歳のモドリッチの獲得に向けて、1500万ユーロ(約19億2000万円)を支払っての1年レンタルに加え、2500万ユーロ(約32億円)での買い取りオプション付きのオファーを準備。さらに本人に対しても、年俸1150万ユーロ(約15億円)による4年契約を提示する予定だという。

 断固として放出に応じない構えを貫くペレス会長は来週、代理人を介さずにモドリッチ本人と会談を組む予定だという。だが、イタリア・メディア『Tutto Mercato』は、インテルと相思相愛のモドリッチは、そこで改めて退団を申し入れるだろうとされている。

 一気に移籍へ前進するのか、はたまた残留か。マドリーを牽引してきた天才司令塔モドリッチの去就問題は、どのような決着を見るのだろうか!?
 

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月10日号
    11月26日発売
    J移籍マーケット大展望
    この冬の注目銘柄は?
    J1&J2全40クラブの
    「リフォーム戦略」は?
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月5日発売
    2020-2021シーズン
    プレミアリーグ
    BIG6 完全格付け
    リアル戦闘力を導き出す
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ