52年ぶりの決勝進出を狙うイングランドが先制! クロアチアを1点リードで後半へ

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月12日

アリの仕掛けから得たFKをトリッピアーが直接ゲット!

開始5分、トリッピアーが先制のFKを決め、歓喜のガッツポーズ。(C) Getty Images

画像を見る

 ロシア・ワールドカップの準決勝、クロアチア対イングランドが現地11日、モスクワのルジニキで21時(日本時間12日午前3時)キックオフで行なわれている。

 初の決勝進出を狙うクロアチアは、準々決勝のロシア戦からクラマリッチに代えてブロゾビッチが先発。一方52年ぶりの決勝進出を狙うイングランドは、準々決勝のスウェーデン戦と同じ布陣でスタートした。

 試合は序盤から動いた。5分、イングランドのアリのスピード溢れる突破に、背後から追いかけたモドリッチがたまらずファウル。このゴール正面からのFKをトリッピアーが右足でねじ込み、イングランドが先制した。

 3試合連続で先制を許す展開となったクロアチアは、モドリッチやラキティッチといった中盤のキーマンを軸にチャンスメイク。しかし、ややリトリートして構えるイングランドの堅守を崩し切ることができない。

 するとイングランドは、前掛かりに攻めるクロアチアの裏を突いて効果的にカウンターを発動。35分にはケインの突破から、最後はリンガードが絶好のチャンスを迎えるが、シュートはゴール右に外れた。

 クロアチアは前半終了間際にもラキティッチが相手のパスをカットして、チャンスを迎えるがシュートを打ち切れず。結局、前半はイングランドが1点をリードして終了した。
【関連記事】
イングランド代表にも"呪い"が!? ミック・ジャガーが過去に現地応援したチームが大変なことに【ロシアW杯】
「ケインを止める自信がある!」クロアチア代表指揮官はなぜそう言い切れるのか【ロシアW杯】
「すごく助けられた…」イングランド躍進の秘密は“心理回復”にあり! 選手たちを救った女医とは?【ロシアW杯】
クロアチア代表に衝撃! 主軸CBが政治的メッセージを発信する軽率な行動で…【ロシアW杯】
「2年前の敗北をまだ消化できていない」 選手&指揮官の両方での優勝に王手のデシャン監督、EUROの雪辱を誓う【ロシアW杯】

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24