「彼は1年眠れない」「悲運の主人公に」 ウルグアイ守護神のまさかのファンブルに世界が驚嘆【ロシアW杯】

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月07日

名手がまさかのファンブル……。

グリエーズマンの力強いブレ球は素晴らしかったが、ど真ん中のボールを弾いてしまったムスレラへは、非難の声が相次いだ。 (C) Getty Images

画像を見る

【7月6日・ニジニ・ノブゴロド|準々決勝 ウルグアイ 0-2 フランス】

 手に汗握る好ゲームを締めたのは、フランスのエースによる一発だった。

 40分にラファエル・ヴァランヌの先制点でリードを奪ったフランスは、ウルグアイの反撃を抑えながらゲームを進め、61分にアントワーヌ・グリエーズマンが追加点を挙げる。敵陣バイタルエリアでボールを収めた背番号7は、鋭い振りから無回転のシュート! これをウルグアイの守護神フェルナンド・ムスレラが弾いて、ボールはゴールへと吸い込まれた。

 この1点がトドメとなり、フランスは準優勝に輝いた2006年のドイツ大会以来、12年ぶりにW杯ベスト4入りを果たした。

 試合後、グリエーズマンのゴールについては、ブレ球のボールを蹴った本人よりも、シュートを弾いてしまった名手ムスレラに脚光が集った。
 スペイン紙『Marca』は、「グリエーズマンのショットは不思議な光をまとっていたのか、ウルグアイのGKはボールを弾くのが精一杯で、悲運の主人公となった」と綴り、さらに英紙『The SUN』は、「ムスレラは自らが弾いたボールを見送ることしかできなかった。リバプールのカリウスのように……」と、レアル・マドリーとのチャンピオンズ・リーグ決勝で同様に致命的な失態を犯してしまったドイツ人GKを引き合いに出して伝えた。

 また、かつて歴戦を繰り広げていたOBも、ムスレラのファンブルに辛辣な意見を寄せている。

 英公共放送『BBC』で解説を務めている元イングランド代表FWのクリス・サットンは、「グリエーズマンのシュートは見事だったが、ムスレラの後逸は、このレベルでやってはいけないミスだ。ムスレラはおそらく1か月、いや1年は、眠れずにこの日のことを悔み続けるだろう」とコメントした。

 まさかのファンブルで痛い追加点を献上してしまったムスレラ。長年、ウルグアイを支えてきたベテランGKの致命的なプレーがチームに与えてしまった影響は計り知れなかった……。
【関連記事】
「彼は僕らの守護神だ! 何度も救われた」ウルグアイの闘将ゴディンが“悲運のGK”を擁護
滑稽だった「3度のPK主張」…ネイマールが精神面の甘さを露呈してロシアW杯を去る
「託した夢が潰えた」 ブラジル敗退に失意の母国メディアは「常に痛んでいた」ネイマールを批判!
さすが美女大国! ロシアW杯で出会った「美しすぎる」「可愛いすぎる」スタッフ!
本誌ライター陣が推奨する日本代表の次期監督は? ロシア後の新監督に相応しいのはクリンスマンなのか!?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト11月22日号
    11月8日発売
    2019年 Jリーグ
    移籍市場を賑わす
    目玉タレント
    湘南ベルマーレ特集も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    11月15日発売
    現地記者が緊急提言!!
    マドリー&マンUの
    「V字回復プラン」
    ヴェンゲル直撃インタビューも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.25
    7月11日発売
    2018インターハイ
    選手名鑑
    男子55代表・1100選手を紹介
    女子も16代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24