「隠れた宝石!」「世界はイヌイを知った」英紙が大ブレイクの乾貴士をベタ褒め!【ロシアW杯】

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年07月03日

「今日はイヌイで書くぞ、と話し合っていたのに…」

大会2ゴールという記録だけでなく記憶に残る鮮烈なプレーを連発した乾。世界のファンとメディアにその存在を知らしめた。(C)Getty Images

画像を見る

 乾貴士のスーパーゴラッソが名手ティボー・クルトワの牙城を破ったとき、大多数の日本人ファンは勝利を信じて疑わなかっただろう。だが、ベルギーはやはり強国だった。日本代表は最後の30分間で0-2からの大逆転を許し、またしても8強の壁を崩せなかった。
 
 英紙『The Independent』のローレンス・オストリール記者は、「ワールドカップとはかくも素晴らしい大会なのだということを、ベルギーと日本の死闘は教えてくれた。フットボールとは先が読めないから面白いのだという、シンプルな事実もだ」と綴った。そして日本が誇る30歳のアタッカーを絶賛するのだ。
 
「正直、私はタカシ・イヌイには大して注目はしていなかった。世界中の大半のファンがそうだっただろう。フランクフルトやエイバルのファンならその能力を知っていても、欧州カップ戦には一度も出ておらず、日本代表としてもワールドカップは今回が初の出場だ。なんて隠れた宝石だろうか! 最大の発見だ! ベルギー戦では誰よりも輝いていた。あのゴールは彼の才能が凝縮されたスーパーゴールだった」

 
 大会を通して、乾のハイパフォーマンスに魅了されっぱなしだったという。
 
「コロンビア戦で躍動し、セネガル戦でも圧巻のゴールを決めてみせた。観ているだけでワクワクする選手とは彼のことだ。ベルギー戦で彼のゴールが決まり、我々は『イヌイがヒーローだ。彼で大いに書こう』と話し合っていたが……。フットボールってやつは本当に分からないものだ。世界はイヌイを知った。だが、もう彼をワールドカップでは観れない。寂しい限りだ」
 
 オストリール記者だけでなく、各国メディアがこぞって乾を称えている。来る2018-19シーズン、新天地ベティスでの動向は特大の注目を集めることになりそうだ。

【日本代表PHOTO】日本 2-3 ベルギー|原口、乾のゴールで2点リードも…。 試合終了間際に逆転を許しベスト8進出ならず

【データで見る】ベルギー×日本|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト7月25日号
    7月11日発売
    勢力図はどう変わる!?
    2019シーズン J1&J2
    最終順位 大予想
    柴崎&宇佐美ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    7月4日発売
    REAL MADRID
    第3次銀河系の全貌
    400億円投資でどう変わる?
    プレミア開幕1か月前点検も!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.28
    7月10日発売
    「インターハイ選手名鑑」
    男子出場52校・1040選手の
    顔写真&プロフィールを網羅
    企画満載で女子出場16校も!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ