イングランド、6発大勝で決勝T進出! 3発ケインは得点ランキング単独首位に浮上!!【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月24日

前半5ゴールはW杯史上5度目の偉業

前半で勝負を決めたイングランド。ケイン(左から2人目)の3点目はラッキーだったが、ハットトリックは86年メキシコ大会のガリー・リネカー以来である。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月24日・ニジニ・ノブゴロド|グループG イングランド 6-1 パナマ】
 
 最初の決定的なパナマが掴んだ一戦、しかし8分にイングランドはCKでストーンズがフリーでのヘディングシュートを決め、あっさりと先制ゴールを奪う。
 
 続いて20分、縦パスで抜け出したリンガードがペナルティーエリアで相手DFに倒されてPK。これを、初戦のチュニジア戦で2ゴールを挙げたエースのケインがゴール左隅に突き刺して点差を広げた。
 
 36分のゴールは美しかった。リンガードが左サイドからカットインし、スターリングとのパス交換から巻いたシュートをゴール右隅に突き刺したのだ。
 
 これで前日、チュニジアに5-2で勝利したベルギー同様、前半で3ゴールを奪ったイングランドだが、攻撃の手を緩めることなく、40分にはFKからストーンズがゴール前に入れたボールをケインが頭で落とし、スターリングのヘッドはGKのセーブに遭うも、すかさずストーンズが詰めて4点目を奪う。
 
 さらにその3分後、CKの際にファウルが遭ったとしてこの試合2度目のPK判定が下され、再びキッカーを務めたケインが、1本目同様のコースに蹴り込んで、ついに前半でリードを5点に広げた。
 
 パナマは、攻撃では時折、カウンターやパスでの崩しから決定機を生み出すも、フィニッシュの拙さでW杯初ゴールを奪うことはできず、逆に守備では相手のマークにつき切れず、前半で早くも大差をつけられてしまった。
 
 後半もポゼッションで大きく相手を上回るイングランドは、62分、ロフタス=チークのエリア外からのシュートがケインに当たって軌道が変わり、ゴールラインを割る。VARの結果、ケインにオフサイドはなく、また彼のゴールと記録され、エースはハットトリック達成とともに、得点ランキングで単独トップに立った。
 
 この直後にケインはヴァーディ―との交代でピッチを退くと、徐々にパナマの攻勢が強まり、ムリージョ、トーレスが決定機を迎えるが決められず。しかし78分、右サイドのFKでゴール前に入ったボールを交代出場バロイが滑り込みながら合わせてゴール右隅に突き刺し、歴史的な同国ファーストゴールを決めた。
 
 イングランドは大量得点でやや気が緩んだか、守備が雑となって再三パナマに攻め込まれたが、これ以上の失点は免れ、連勝を飾るととも、決勝トーナメント進出を決めた。
 
 ちなみに、W杯での前半5得点以上は、史上5度目。最多は1974年西ドイツ大会のユーゴスラビアが記録した6点(1次リーグ・9-0ザイール)で、5点は他に、54年スイス大会のオーストリア(準々決勝・7-5スイス)、74年大会のポーランド(1次リーグ・7-0ハイチ)、そして記憶に新しい前回大会の開催国ブラジル、1-7でドイツに大敗した「ミネイロンの悲劇」である。
 
 28日の最終節では、イングランドはベルギーと首位を、パナマはチュニジアと初勝利を懸け、それぞれ対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月16日発売
    鹿島アントラーズ
    悲願のACL制覇
    「20冠達成記念号」
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト増刊
    11月15日発売
    川崎フロンターレ
    J1連覇記念増刊号
    栄光の軌跡をプレイバック
    ジャンボポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト12月13日号
    11月22日発売
    2018年シーズン J1全18クラブ
    「補強予測」
    今季の戦いぶりから占う
    ベスト&ワーストシナリオ
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月6日発売
    取材記者が注目17人を斬る!
    2019年移籍マーケットの
    メインキャスト身辺調査
    豪華壁掛けカレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.26
    12月5日発売
    冬の決定版!
    2018選手権名鑑
    男子48代表・1440選手を紹介
    女子も32代表を徹底網羅!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ

pixel?mid=00846a63b4c111422a673dd1fbdd898d24