スイス、終了間際の劇的弾でセルビアを逆転し、決勝トーナメント進出へ大きく前進!【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月23日

序盤はセルビアが効果的な攻撃を展開したが…

攻撃をリードし続けたシャキリが、自ら決勝弾を決めた。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月22日・カリーニングラード|グループE セルビア 1-2 スイス】
 
 立ち上がりから主導権を握ったのはセルビア。開始3分で惜しいヘディングシュートを放ったミトロビッチが、その2分後、タディッチが上げたクロスを今度こそ頭でゴール左隅に運んで先制ゴールを奪う。
 
 その後もポゼッションではスイスに下回るも、セルビアは効果的な攻撃を再三仕掛け、ミトロビッチにボールを合わせていくと、高さに自信を持つCFはことごとく競り勝ってシュートを放っていった。
 
 スイスは序盤から敵陣にボールを運ぶも、なかなか深くまで侵入することができずにいたが、シャキリが中央で頻繁にボールを持てるようになると、彼を起点にして前線にボールを渡るようになり、主導権を奪い取った。
 
 後半も最初から相手ゴールに迫ったスイスは52分、カウンターから右サイドのシャキリがペナルティーエリア外からダイレクトシュート。これは相手DFにブロックされるも、右に流れたボールを今度はジャカが左足で叩き、ゴール右隅に突き刺した。
 
 試合を振り出しに戻したスイスはその後も攻勢を維持し、58分にはジャカがカットインから左ポストをかすめる惜しいシュートを放つなど、勢いを感じさせる。対するセルビアも全く怯むことなく、きわどいクロスをゴール前に入れるなど相手DF陣を脅かすが、こちらはなかなかフィニッシュまで持ち込めない。
 
 終盤、スイスはエムボロが強烈なミドルを放ち、ガブラノビッチが抜け出してGKと1対1の場面を迎えるなど、交代選手が存在感を示したが、次の1点を奪うには至らない。
 
 このまま互いに勝点1を分け合うかと思われたが、90分、カウンターからスルーパスで抜け出したシャキリがドリブルで運んでGKストイコビッチを破り、劇的なかたちで勝点3を手にした。
 
 27日の最終節では、セルビア(勝点3)はブラジル(4)と、スイス(4)は敗退が決まっているコスタリカ(0)とそれぞれ対戦する。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ