デンマーク、1点を守り切って勝点3奪取! ペルーは攻勢もPK失敗など多くの逸機に泣く【ロシアW杯】

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月17日

エリクセンのスルーパスから決勝点が生まれる

冷静にゴールを決めたポウルセン。守備でもゴールライン上で必死にクリアするなど、勝利に高い貢献を果たした。 (C) Getty Images

画像を見る

【6月16日・サランスク|グループC ペルー 0-1 デンマーク】
 
 立ち上がりに主導権を握ったのは、36年ぶり出場のペルー。ボールを奪うと、速く、積極的に前に出、わずかなスペースを使ってボールをキープしながら、序盤からシュートを放っていく。
 
 個々の動きが良く、プレッシングをかけてボールを奪い、パスカットし、ルーズボールもことごとく拾って、多重攻撃を仕掛けていくペルー。特に右サイドのカリージョのキープ力、突破力は相手にとって脅威となった。
 
 対するデンマークは10分過ぎから徐々に攻められるようになり、間もなくして主導権を握る。エリクセンを中心にピッチを広く使ってボールを繋ぎながら、相手陣内深くに迫っていくが、ゴール前に入れるボールははね返され、ディレイニーらのシュートもゴールネットを揺らすことはできない。
 
 44分、ペルーはデンマーク・ゴール前で揺さぶりをかけながら、クエバがペナルティーエリアに侵入、切り返したところでポウルセンに倒される。これが時間を置いてからVARによってPKと判定されたが、自らキッカーを務めたクエバのシュートはクロスバーを越えてしまい、絶好の得点機を逃した。
 
 後半は、最初からデンマークが攻勢に立ち、ペルー・ゴールに近い位置で長く試合を進めていくが、逆に57分、クエバにフリーでエリア内に侵入され、ファーサイドにラストパスを通されるも、カリージョ、フローレスが続けてシュートがしっかりミートせず、事なきを得る。
 
 するとその2分後、速い攻めから、エリクセンのスルーパスで抜け出したポウルセンが冷静にGKガジェセを破り、ついにデンマークが先制に成功した。
 
 ペルーは63分、一時は薬物使用疑惑で出場が絶望視された英雄ゲレーロがフローレスに代わり、大歓声のなかで登場。直後にさっそくヘディングシュートを放った彼によって活気づいたペルーは、再び攻撃のギアを上げ、再三きわどいクロスを入れ、ファルファンらがゴールに迫る。
 
 幾度も相手をゴール前に釘付けにし、テクニックを駆使しながら、意外性のあるパスや決定的なシュートを放っていくペルーに対し、デンマークはGKシュマイケルからFWの選手までがゴール前で粘りの守備を展開。最後までゴールを割らせず、苦しみながらも1点を守り切り、勝点3を手にした。
 
 21日に行なわれる次節、ペルーはフランスと、デンマークはオーストラリアとそれぞれ対戦する。

【データで見る】ペルー×デンマーク|詳細マッチスタッツ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト6月13日号
    5月23日発売
    2019年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    中盤戦「必勝プラン」
    浦和ダイジェストも必読!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月16日発売
    WSD恒例企画
    2018-2019シーズン
    「BEST PLAYER」
    マンC優勝記念ポスターも!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ