「これはひとつの武器になる」香川が西野ジャパンにもたらした“極上の”価値

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェスト編集部

2018年06月13日

「僕はベースを作り出していきたいなと」

香川はパラグアイ戦でフル出場。昨年10月以来のゴールを奪った。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[親善試合]日本4-2パラグアイ/6月12日/チボリ・シュタディオン
 
 日本代表はパラグアイ戦との親善試合で4-2の勝利。西野体制発足後の連敗にストップをかけた立役者のひとりが香川真司だった。

 新体制で初先発を飾った香川は、51分と63分に乾貴士のゴールをアシストすると、終了間際には、巧みなボールタッチでペナルティエリアに侵入してダメ押しの4点目も決めてみせた。

「ゲームに入る前からみんなが自信を持って、プレスにいった時、ボールが入った時に一人ひとりがやれていた。チームとしてそこの距離感はすごく良かった。僕も前線からプレスをかけているなかで、後ろの選手がどんどん前に、それに対して反応してくれる。両サイドも両ウイングもどんどんアグレッシブにプレスをかけようとする。そういう姿勢を見せるだけでも相手は嫌ですし、ちょっとの1メートル、2メートルの距離感でも、そこを埋めるだけでやっぱり相手にすごく嫌だと感じさせられる。そういう雰囲気。見えないものというか、そういうところがチームとして出ていたと思う」
 
 そう振り返った10番の活躍は、監督交代後の2試合(ガーナ戦とスイス戦)で単調な攻撃に終始していた西野ジャパンにとって、転機となるかもしれない。とりわけC大阪で約2年間ともにプレーした乾との連係は、大きな価値をもたらした。
 
 攻撃のパターンを構築する役割は香川自身が、追い求めていたものだった。
 
「監督も代わって、攻撃のベースがひとつ、なかなかないなかで、僕はベースを作り出していきたいなと。それをすごく感じていたので、そういう意味では、乾は長年やっている分、どういうプレースタイルかを知っているし。それはひとつチームとしての武器になるということを、今日証明できたと思っている。これはチームとして非常に大きなことだと思うし、それが結果につながって良かった」
 
 パラグアイ戦で掴んだ香川を中心とした攻撃パターンは、ワールドカップ本大会に向けたひとつの指標となるだろう。ここからのブラッシュアップに期待したい。

【日本代表PHOTO】日本代表いよいよロシアへ!

【日本代表PHOTO】ゼーフェルトのケーブルカーに乗って万年雪に触れてきた!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 5月14・28日合併号
    4月23日発売
    現役選手、元代表選手など
    総勢50人が選ぶ
    Jリーグ歴代
    ベストイレブン
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月21日発売
    数多のドラマと議論を生んだ
    黄金のナンバーを深掘り!
    「背番号10」のすべて
    欧州4大の10番名鑑付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ