乾貴士がパラグアイから渾身の同点&逆転弾!香川も続き、西野体制3戦目で初勝利!

カテゴリ:日本代表

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年06月12日

香川からのパスを受けてミドル一閃

乾がミドルシュートで同点弾!試合を振り出しに戻し、さらに逆転弾も沈めた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 国際親善試合の日本代表対パラグアイ代表が6月12日、オーストリア・インスブルックで15時05分(日本時間同12日22時05分)にキックオフされた。
 
 日本は31分に相手のロングスローから先制を許してしまうも、迎えた後半の51分に同点弾を叩き込む。決めたのは乾貴士だ。山口蛍が左サイドに展開し、昌子源が持ち上がって敵陣に侵入して縦パスを供給。ボールを受けた香川真司が近くの乾にダイレクトで叩くと、乾がドリブルで中央に侵入し右足で豪快にミドルを沈めた。
 
 西野ジャパン3戦目にして初ゴール。ワールドカップ前の最後のテストマッチでようやく手にした初得点にベンチを含めた全員が歓喜を爆発させた。
 
 さらに62分、再び乾が輝く。右サイドでボールを受けた武藤の横パスを香川がわずかに触って後方へスルー。待ち構えていた背番号14が、ダイレクトでミドルを沈めた。このゴールで日本は逆転!

 日本はその後、柴崎岳のFKからオウンゴールを誘い、終了間際には香川も決めて4-2。西野体制での初勝利を挙げている。

【日本代表PHOTO】日本4-2パラグアイ|乾が2ゴール! 西野ジャパンが W杯本大会前ラストマッチを勝利で終える

【PHOTO】ゼーフェルトのケーブルカーに乗って万年雪に触れてきた
【関連記事】
【日本4-2パラグアイ|採点&寸評】乾貴士、香川真司がスタメン奪取に向け大きくアピール。岡崎慎司のシュートミスには失望
「乾、やばっ!」「本田より香川」パラグアイ戦快勝の日本代表をファンはどう見た?
【セルジオ越後】日本は先制されたら、終わり。収穫はゼロ。一歩も進んでいない
日本代表の最新優勝オッズはアジアトップの251倍! ベスト16進出の倍率は意外にも…
【釜本邦茂】あの程度の運動量やビジョンしかないのなら本田のトップ下はないよ

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月2日発売
    恒例企画
    2021-2022シーズンの
    BEST PLAYER
    世界の識者たちが徹底討論
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ