「私の夫は未来の9番」代表落選のイカルディ美人妻が強気発言! 今夏の移籍も仄めかす!?

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月23日

代表落選のイカルディには3つのメガクラブがオファー!?

仲睦まじいことで知られるイカルディ夫妻は、代表選外にも落ち込むことなく、来シーズンからの戦いを見据えている。 (C) Getty Images

画像を見る

 現地時間5月21日、アルゼンチン・サッカー協会が発表したロシア・ワールドカップ登録メンバー23人の中に、セリエA得点王マウロ・イカルディの名が含まれていなかった。

 開幕5試合で6ゴールというラッシュで今シーズンのスタートを切ったイカルディは、その後もコンスタントに得点を重ね、セリエAで29ゴールをマークして得点王に輝いた。

 しかしその一方で、ホルヘ・サンパオリ政権下のアルゼンチン代表では、昨年9月と10月の南米予選3試合に出場するも0ゴールに終わり、あのディエゴ・マラドーナから「何もできない。お友だちの家で遊んでおけばいい」と揶揄されるなど、代表でのパフォーマンスには疑問の声が上がっていた。

 今月14日に発表された予備登録メンバー35人には含まれていたイカルディだったが、最終的に本大会行きの切符を掴むことはできなかった。

 そんなセリエA得点王の落選は、当然、国内外で大きな反響を集めたが、イカルディの夫人であり、代理人も務めているワンダ・ナラは、今回の件に気落ちしていないようで、「私の夫は未来の9番」と強気な発言で外野の声を一蹴している。

「私の心は落ち着いているわ。マウロは代表の未来の9番なのよ。それも、サンパオリのチームのね。今回はその時じゃなかったということ。彼は、その時が来るのを待っている。ホルヘ(・サンパオリ)とは話をして、私たちに「君たちが必要な時が来る」と言ってくれているから、待つだけよ」

 W杯のメンバーから漏れた以上は、来シーズンに向けた準備を進めるしかない。インテルと2021年6月までの契約を結んでいるイカルディだが、ワンダ“代理人”は、イタリア・メディア『Sky Sports』に対して、他クラブからオファーが届いていると明かし、今夏の移籍を仄めかしている。

「シーズンが終わったばかりだから、ひとまず休むことを考えているわ。ただ、近いうちにアウジリオ(インテルSD)とは話し合いをするつもり。インテルとの契約があるからそれを最優先に考えているけど、マウロには世界的な3つのビッグクラブがオファーをしてきているのは確かよ」

 昨夏から、レアル・マドリーやチェルシー、パリ・サンジェルマンといったメガクラブからの関心が頻繁に伝えられてきたイカルディ。それだけに、この夏の移籍市場で新天地を求める可能性は高そうだ。
【関連記事】
【完全網羅】 顔写真&寸評付き! ロシアW杯出場32か国の最終エントリー23人「選手名鑑」を一挙公開!
マキシ・ロペスが元妻のイカルディ夫人を告訴! 泥沼の愛憎劇に終わりなし…
F・トーレスが鳥栖移籍へ加速! 地元ラジオ局が「2年半の契約を提示、当人も前向き」と報道
「神戸に来たらヤバい!」ポドルスキがイニエスタとの“共闘”に意気軒昂!
日本代表落選も人気銘柄に変わりなし! 中島翔哉にあのパリSGも正式オファーか

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年7月14日号
    6月23日発売
    先取りチェック!
    Jリーグ2022
    夏の移籍マーケット
    注目タレント最新動向
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    6月16日発売
    欧州メガクラブ
    新シーズンの
    究極スカッド
    海外専門家が理想陣容を探る
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ