【今日は何の日?】6月17日「最強ブラジルがV2を達成した日」

カテゴリ:国際大会

サッカーダイジェストWeb編集部

2014年06月17日

美しいスポーツマンシップに救われ「サッカー王国」誕生!!

誰かが怪我で倒れても、すぐに代わりになる選手が出てくる。当時のブラジルは、強さでも、人材の豊富さでも図抜けていた。 (C) Getty Images

画像を見る

 1962年6月17日、南米チリの首都サンチャゴにあるエスタディオ・ナシオナルでは、ブラジルとチェコスロバキアによるワールドカップ決勝が行なわれた。グループリーグの2戦目でも同カードは実現しているが、この時と大きく違うのは、ブラジルのメンバーからペレの名前が消えていたことだ。
 
 前回大会で一躍世界中に名の知れた“黒い真珠”ペレは、このグループリーグのチェコスロバキア戦で太ももを痛め、以降の試合に出ることが不可能に。ブラジルにとって非常事態であることは間違いなかったが、同時にこれは他の逸材にとってのチャンスともなった。ペレの代役としてアマリウドが以降の試合で輝きを放つ。そしてペレに代わり、ブラジルの中心に君臨したのが、天才ガリンシャだった。
 
 他を凌駕する豊富なタレントを擁して、グループリーグを2勝1分けで首位通過し、決勝トーナメントでも準々決勝でイングランド、準決勝で開催国チリを下したブラジル。歩みは順調に見えたが、実は決勝を前に大きなアクシデントに見舞われた。準決勝でチリの度を越した暴力的なプレーに耐えかねたガリンシャが報復行為で退場処分を食らったのだ。
 
 ルールでは、退場となった選手は次戦の出場が認められない。しかし、ブラジル大統領をも巻き込んでの抗議運動により、FIFA会長のスタンリー・ラウスは出場停止処分を解くことを決定。対戦相手であるチェコスロバキアが「ガリンシャのような偉大な選手を欠いての決勝は、本当のワールドカップ決勝とは言えない」と訴えたのが、決め手となったという。
 
 こうして決勝のピッチに立てたガリンシャ。チリ戦で退場を食らってピッチを去る際、スタンドから投げつけられた瓶で失神するほどの怪我を頭部に負ったこともあり、調子はそれまでと比べると良くなかったが、ペレの時と同様、ブラジルにはこれをカバーするだけの豊富な人材がいた。
 
 試合は、前半15分にヨゼフ・マソプストのゴールでチェコスロバキアが先制するという意外な展開となったが、地力で勝るブラジルは全く動じず、2分後にはアマリウドの同点弾が決まる。その後も危なげなく試合を進めたブラジルは、後半24にジトのゴールで勝ち越し、33分に名手ババがダメを押した。
 
 暴力によって壊されそうになった試合が、チェコスロバキアの崇高なスポーツマンシップによって救われ、ブラジルはまばゆいばかりの輝きを放った。どのような状況でも勝てることを証明しての大会連覇により、ブラジルは「サッカー王国」として認知され、以降、世界から尊敬と憧憬の念を持って見つめられる存在となっていく。
 
――◆――◆――
 
 6月17日に行なわれた他の試合で、真っ先に挙げるべきは70年メキシコ大会準決勝のイタリア対西ドイツ戦。開始8分でイタリアが先制してから後半45分までは何の変哲もない一戦だったが、ロスタイムに西ドイツが追いついてから、歴史に残る激闘が幕を開けた。延長戦で両チームが展開した点の取り合いは観る者にも多大な体力を消費させるほど凄まじく、決勝点となる4点目をイタリアのジャンニ・リベラが決めた際には、しばらく動けなくなる選手もいるほど。肩を脱臼して腕を固定しながらピッチに立ち続けたフランツ・ベッケンバウアーの勇姿などもあり、この一戦はいまなお、ワールドカップ史上最高の戦いとして世界中の人々の記憶に残っている。
 
 
◆6月17日に行なわれた過去のW杯の試合
 
1954年スイス大会
「グループリーグ」
西ドイツ 4-1 トルコ
ハンガリー 9-0 韓国
スイス 2-1 イタリア
イングランド 4(延長)4 ベルギー
 
1958年スウェーデン大会
「グループリーグ・プレーオフ」
北アイルランド 2(延長)1 チェコスロバキア
ウェールズ 2-1 ハンガリー
ソ連 1-0 イングランド
 
1962年チリ大会
「決勝」
ブラジル 3-1 チェコスロバキア
 
1970年メキシコ大会
「準決勝」
ブラジル 3-1 ウルグアイ
イタリア 4(延長)3 西ドイツ
 
1982年スペイン大会
「1次リーグ」
チリ 0-1 オーストリア
チェコスロバキア 1-1 クウェート
ユーゴスラビア 0-0 北アイルランド
 
1986年メキシコ大会
「決勝トーナメント1回戦」
フランス 2-0 イタリア
モロッコ 0-1 西ドイツ
 
1990年イタリア大会
「グループリーグ」
スペイン 3-1 韓国
ベルギー 3-1 ウルグアイ
エジプト 0-0 アイルランド
 
1994年アメリカ大会
「グループリーグ」
ドイツ 1-0 ボリビア
スペイン 2-2 韓国
 
1998年フランス大会
「グループリーグ」
チリ 1-1 オーストリア
イタリア 3-0 カメルーン
 
2002年日韓大会
「決勝トーナメント1回戦」
メキシコ 0-2 アメリカ
ブラジル 2-0 ベルギー
 
2006年ドイツ大会
「グループリーグ」
ポルトガル 2-0 イラン
チェコ 0-2 ガーナ
イタリア 1-1 アメリカ
 
2010年南アフリカ大会
「グループリーグ」
フランス 0-2 メキシコ
アルゼンチン 4-1 韓国
ギリシャ 2-1 ナイジェリア
【関連記事】
【今日は何の日?】6月16日「第三勢力が成し遂げた大番狂わせ」
【今日は何の日?】6月15日「1試合で10得点を挙げたチーム」
【今日は何の日?】6月14日「日本サッカーの輝かしい3つの試合」
【今日は何の日?】6月13日「開幕戦で前回王者アルゼンチン敗れる」
【今日は何の日?】6月12日「初めて日本人がW杯で主審を務めた日」

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    9月7日発売
    内田篤人
    引退特集号
    14年半のプロキャリアを
    完全プレーバック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月16日発売
    今年も決定版が完成!
    2020-21
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 11月12日号
    10月22日発売
    ヤット、内田、憲剛、俊輔…
    名選手の名言
    から読み解く
    フットボールの真髄
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月15日発売
    海外番記者の
    こだわりランク大公開!
    クラブ別で見る
    最強ストライカー番付
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ