上位対決はドロー決着、首位と2位の勝点差は二桁に! FC東京は6戦負けなし、札幌は11戦無敗

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月13日

ともに決め手を欠く内容に

雨中の上位対決は、ともに堅守を崩せずスコアレスドローとなった。写真:山崎賢人(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1リーグは5月13日、14節の2試合を開催。味の素スタジアムでは、2位・FC東京と3位・北海道コンサドーレ札幌の一戦が行なわれ、0対0の引き分けに終わった。

 雨が降りしきるなかでの試合は、ともに慎重な出方で様子を窺う。札幌は戦列復帰したジェイ、都倉賢の高さのあるFWを活かした攻めを見せ、一方のFC東京は永井謙佑がたびたび最終ラインの裏を獲ろうとするがチャンスには至らない。前半は0-0で終えた。

 後半に入っても、ともに決め手を欠く両チーム。札幌は、左サイドの菅大輝からのクロスや福森晃斗のCKから好機が生まれかけるが、押し込むことができない。FC東京もディフェンスラインの裏に抜け出した室屋成のシュートやCKから髙萩洋次郎のヘディングシュートもあったが、ネットを揺らせない。結局、後半もスコアは動かず、試合はスコアレスドローに終わった。

 ともに勝点1ずつを積み上げ、2位のFC東京は6試合負けなしで勝点を27、札幌は11戦無敗とし同26に伸ばした。前節終了時点で勝点9差だった首位の広島と2位FC東京の勝点差は、今節終了時で二桁の10にまで広がった。

【FC東京0-0札幌PHOTO】2位・3位対決はスコアレスドローで決着!
【関連記事】
J公式サイトが”和製イブラ”を特集!札幌の点取り屋が決めた今季のゴールが凄すぎる!
Jリーグが4月度の月間MVPを発表!J1はFC東京の新エース、J2は山口のアタッカーが初受賞
森重真人が”多摩川クラシコ"で「思い出に残る」会心弾!3位・札幌との直接対決に弾み
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
眠れる規格外FWがついに覚醒!? 鈴木武蔵は今季なぜゴールを量産し始めたのか?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    4月13日発売
    組分けが決定!!
    2022年カタールW杯
    展望&ガイド
    出場国 選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年5月26日号
    5月12日発売
    Jリーグ過去30年の
    過去と未来を見つめる
    名勝負列伝
    憲剛×新チェアマン対談も!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    5月19日発売
    新時代を創る
    「十人の麒麟児」
    2000年代生まれの
    逸材たちを徹底解剖!!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.35
    12月14日発売
    第100回
    全国高校サッカー選手権
    決戦速報号
    全46試合を徹底レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ