大卒ルーキーが3戦連発&圧巻2発!新潟が千葉に逆転勝ち、元J1対決を制す!!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年05月12日

新潟がルーキー渡邉の活躍で逆転!2試合ぶりの勝利!

僅か10分で2ゴールを奪った渡邊。逆転弾を決め、喜びを爆発させた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J2リーグ14節]千葉1-2新潟/5月12日/フクアリ

 5月12日、J2・14節が各地で行なわれた。
 
 フクダ電子アリーナでは、ともにJ1で戦った経験を持つ千葉と新潟が激突。序盤から互いにゴール前に迫る試合展開となった。
 
 先にチャンスを作ったのは、4-1-4-1で臨んだホームの千葉だ。5分にクロスボールのこぼれ球に矢田旭が左足で反応。惜しくもポストに弾かれたが、あわやゴールというビックプレーがいきなり飛び出した。

 7分に町田也真人が負傷交代した千葉だったが、清武功輝を投入してシステムを4-4-1-1に変更して攻撃の手を緩めない。14分にはその清武がスローインを素早くゴール前に入れ、船山貴之がフリーでシュートを放つ。立ち上がりから今季初の3連勝を狙い、積極的に攻撃を仕掛けた。
 
 対する新潟はサイド攻撃からチャンスを生み出す。8分にはクロスボールの流れから、ターレスが左足でダイレクトシュート。17分にはオフサイドとなったが、CKの混戦から原輝綺が惜しい場面を迎えた。
 
 そんな一進一退の展開で先にスコアを動かしたのは千葉だ。
 
 21分に左サイドで為田大貴が仕掛けると、ゴール前に左足で絶妙なクロスボールを配給。最後は完璧なタイミングで走り込んだラリベイが頭で合わせ、ホームチームが均衡を破る1点を奪った。
 
 1-0で迎えた後半も千葉のペース。1.5列目の船山とラリベイが起点となり、サイドから効果的に攻撃を繰り出した。

 しかし、負けられない新潟がここから怒涛の反撃を開始。67分に巧みなパスワークで千葉守備陣を打開し、最後はルーキーの渡邉新太が右足で低い弾道のミドルシュートを突き刺した。同点に追い付いたことで勢いが増した新潟は続く75分。安田理大の左クロスから再び渡邊が決め、逆転に成功する。

 終盤に攻撃陣が躍動した新潟がこのまま逃げ切り、2試合ぶりの勝利。同勝点で並ぶ千葉を撃破し、上位に接近する勝点3を得た。

 対する千葉は今季初の3連勝を逃し、4試合ぶりの黒星。後半途中までいい流れで試合を運んでいただけに、悔やまれる敗戦となった。

【PHOTO】ロシアW杯出場国の「美女サポーター」たち

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月2日発売
    海外番記者がランク化!!
    クラブ別レジェンド
    「完全格付け」
    最も貢献度が高かったのは!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ