英紙もG大阪守護神・東口の負傷に絶句…「あまりにショッキングで恐ろしい」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月25日

診断結果は「右頬骨骨折および右眼窩底骨折」。

東口のショッキングな負傷は、英国でも大きく取り上げられた。 写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 あまりにショッキングな接触プレーに、海外メディアも驚きを隠せなかった。

 4月21日に行なわれたJ1第9節のセレッソ大阪戦で顔面を負傷し、途中交代したガンバ大阪に所属する日本代表GK東口順昭について、英紙『The SUN』が触れている。

 そのプレーが起きたのは、C大阪との「大阪ダービー」がキックオフを迎えて間もない11分だった。ハイボール処理でペナルティーエリアを出た際にCBの三浦弦太と交錯し、彼の頭が東口の右頬に激突。その後、一度は立ち上がってプレーを続けたものの、目が塞がるほどに腫れあがった右顔面を見たドクターからストップがかかり、ピッチを後にした。

 そんな東口の容態について、G大阪は4月24日に公式声明で、「右頬骨骨折および、右眼窩底骨折で全治約3~4週間の見込みになる」と発表している。
 

 このショッキングな負傷について、英紙『The SUN』は動画付きで紹介し、次のように日本代表GKの身を案じている。

「これはあまりにもショッキングで恐ろしい瞬間だった。日本のマサアキ・ヒガシグチは、チームメイトとの衝突で歯が欠けたようにも見えた。ゲンタ・ミウラにとっても辛い瞬間だった。この怪我によって、ヒガシグチは今夏のワールドカップ出場を逃すことになってしまうかもしれない」

 日本代表にもコンスタントに招集され、守護神である川島永嗣に続くGKとして欠かせない存在だった東口。今は彼のいち早い復帰を待つしかないが、仮に復帰できたとしても、6月19日に初戦を迎えるワールドカップは、ぶっつけ本番になることは避けられないだろう。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月12日発売
    データ満載のNo.1名鑑
    2020 J1&J2&J3
    選手名鑑
    56クラブを完全収録!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月9日号
    3月26日発売
    2020年シーズン
    J1&J2全40クラブの
    陣容解剖
    &2大注目ポイント
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    3月19日発売
    FC BARCELONA
    悩める名門は
    どう変わるべきか?
    バルセロナ再興計画
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ