【ルヴァン杯】7連敗中だった名古屋が今季無敗の広島を撃破!G大阪を下した浦和は1位タイに浮上

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月18日

名古屋のジョーが途中出場で決勝点

63分からピッチに立ったジョーが、こぼれ球を押し込んで78分に決勝点を挙げた。写真:徳原隆元

画像を見る

 ルヴァンカップ4節の8試合が18日、各地で行なわれた。Cグループでは名古屋が広島を2-1で下し、浦和がG大阪に1-0で勝利した。
 
 ホームの名古屋は35分に先制点を奪われたものの、61分に深堀隼平のゴールで同点に追いつく。さらに、途中出場のジョーが78分にボレーで逆転弾を叩き込み、そのままリードを守り切って勝点3をモノにした。名古屋はこの勝利でリーグ戦を含む公式戦の連敗を7でストップ。一方の広島は、今季公式戦12試合目で初黒星だ。
 
 G大阪対浦和は、前半をスコアレスで折り返すと、71分に浦和の武富孝介が自ら獲得したPKを沈めて決勝点を挙げた。殊勲の武富は「とにかく決まると思っていたし、蹴る方向も決めていた」と自身のゴールを振り返り、「不細工な形でしたけど勝てたことが大きい」と勝利を喜んだ。浦和は大槻毅暫定監督の就任以降、5戦負けなしと調子を上げている。
 
 この結果、Cグループは勝点7の浦和と広島が1位に並び、勝点6のG大阪が3位。勝点3の名古屋が最下位となった。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • スラッガー5月増刊号
    4月1日発売
    ICHIRO MLB全軌跡2001-2019
    衝撃の記憶 名場面13選
    全3089安打詳細記録
    2019日本開幕シリーズ レポート
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト4月25日号
    4月11日発売
    東京五輪の主役候補を追え!!
    97~03年生まれ限定
    次世代タレント200選
    クラダイは名古屋&柏!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月18日発売
    2019年 夏の移籍マーケット
    「空前の大シャッフル」
    を読み解け!
    強豪15クラブはどう動く!?
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ