本当に英雄だ! サラーが故郷の村に病院や学校などを建設「寛大すぎる」「大統領に直談判」

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月19日

「サラーの寛大な夢に終わりはない」

リバプールで誰もが認めるだけのパフォーマンスを披露しているサラー。その活躍はピッチ内だけではないようだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 今シーズン、リバプールでまさに天井知らずの躍進を遂げたエジプト代表FWのモハメド・サラー。その好調の要因には、故郷への想いがあったのかもしれない。
 
 昨夏にローマからリバプールへ移籍したサラーは公式戦45試合に出場し、40得点・13アシストを記録。その圧倒的な活躍ぶりから、今シーズンのプレミアリーグMVPに推す声が強まっている。そんなエジプト代表FWについて、現地時間4月18日、英紙『The SUN』は、興味深いエピソードを伝えている。
 
 記事によると、週給9万ポンド(約1400万円)を受け取っているエジプト代表FWは、チャリティー団体を通じて、故郷の村ナグリクに10万ポンド(約1530万円)以上の大金を寄付。それにより、病院や学校、飲料食品店など、様々ものが建てられているという。
 
 同紙は、「サラーの、民を助けるための寛大すぎる夢には終わりがない」として、これまで故郷のためにやってきたことを紹介している。

「サラーはその地区で1台目となる救急車を購入し、さらに病に苦しむ人々を救う高価な医療器具も買い付け、そして、貧困に苦しむ若者の支援センター、女学校、医療施設、さらにはサッカーができるグラウンドを建設するための資金も自腹で支払った。
 
 彼は、エジプト代表がワールドカップ出場決めた際に、大統領から高級別荘を贈呈をされそうになったが、それを丁寧に断り、『代わりにナグリグに現金を寄付してほしい』と申し出た男だ。ナグリクに頻繁に戻ってきては、村で結婚した夫婦に家や生活用品などを提供している」
 
 実家に泥棒が侵入した際には、その泥棒のために仕事探しまで手伝ったというエピソードも持つサラー。そんな心優しき代表のエースから支援を受けているチャリティー財団会長のマーヘ・シャティヤ氏は、ただただ感謝の言葉を述べる。
 
「彼はいつも、『仲間がいない人、生活に困っている人を助けたい』と言っていた。正式な形で援助できる場所を探していたんだ。彼は今でも、毎月2000ポンド(約30万円)から3500ポンド(約50万円)を提供してくれている。本当にありがたい」
 
 ナグリクの村人から、「ハピネス・メーカー(幸福の製造者)」と呼ばれるようになったというサラー。サッカー界では、スター街道を歩み始めた途端、贅沢に溺れる選手が少なくないだけに、ここまで地元愛に溢れ、それを体現する選手は希有だと言える。
 
 今年1月にアフリカ最優秀選手賞を受賞した際、「決して夢を諦めず、信じるのを止めないで」と故郷の人々へメッセージを残していたサラーのピッチ内外での行動は、本当に“エジプトの英雄”と呼ぶに相応しい。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 4月8日号
    4月8日発売
    2021 J.LEAGUE
    気になる疑問に独自回答!
    Jジャッジメント
    鳥栖&新潟ダイジェストも
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    4月15日発売
    ワールドクラス認定書
    売り出し中の逸材から
    中堅・ベテランの大物まで
    156人を現地鑑定人が見定める
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ