好素材揃いのU-17W杯出場組からまたも高校生Jリーガー誕生!川崎U-18の大型FWがプロ契約!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月13日

宮代は178センチの体躯を生かしたプレーが売りの点取り屋だ

今季はU-18日本代表にも招集されている宮代。今後の成長が楽しみな逸材だ。写真:松尾祐希(サッカーダイジェストWEB編集部)

画像を見る

 4月13日、川崎フロンターレはU-18チームに所属する宮代大聖とプロ契約を結んだことを発表した。

 高校3年生の宮代大聖はポストワークと得点力に秀でたストライカーだ。早くから将来を嘱望され、U-15チームに所属していた中学3年生からU-18チームでプレーしてきた。昨年10月にはインドで行なわれたU-17ワールドカップに出場。2ゴールを奪う活躍を見せるなど、世界の舞台でも結果を残してきた逸材である。

 クラブを通じて宮代は、「ひとつの目標であったプロサッカー選手になることが出来て、素直に嬉しく思います。ただ、これに満足することなく、ここがスタートラインだと思って、日々トレーニングを重ねて、早く自分のゴールでフロンターレを勝利に導けるように頑張りたいと思います」とプロ入りへの意気込みをコメントしている。

 宮代のトップチームに昇格により、昨年のU-17W杯参戦組では6人目の高校生Jリーガー誕生となった(早生まれで今季高卒加入をしたC大阪の山田寛人は除く)。

 また、この世代はプロ契約を結んでいる久保建英(FC東京)、平川怜(FC東京)、中村敬斗(G大阪)、谷晃生(G大阪)、菅原由勢(名古屋)以外でも下部組織所属のまま、Jのピッチに立っている選手が多い。

 神戸U-18の小林友希は先週のルヴァンカップでJデビュー。喜田陽(C大阪U-18)はU-23チームでJ3の試合に出場しており、Jリーグの舞台でU-17W杯世代の存在感が日増しに高まっている。

 宮代も同世代のプレーヤーと切磋琢磨し、早期のトップチームデビューを果たせるか注目が集まる。

【画像】レアル中井卓大はどれだけスゴイ!? 凱旋大会での厳選フォトはこちら

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ