「浦和さんは“引いた”わけじゃないと思う」仙台指揮官は6戦目での初黒星にも手応えを強調

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月07日

「狙い通りに押し込んでチャンスを作れた」

最前線で起点となった石原。90分を通して仙台は再三チャンスを迎えたが、決めきることができず初黒星を喫した。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ6節]浦和1-0仙台/4月7日/埼玉

 新体制の浦和を相手に、仙台が今季リーグ戦初黒星を喫した。

 開始5分、興梠慎三に先制点を許した仙台は、その後主導権を握り返して反撃。前線の石原直樹が決定機を迎えるなど、幾度も浦和ゴールに迫るが、チャンスを活かせず。結局、1点が遠く、敵地でリーグ戦初の敗北を喫した。


 試合後のフラッシュインタビューで仙台の渡邉晋監督は、「立ち上がり、不注意で失点してしまって。あの1点は非常にもったいないし、ああいうのをなくさないと(試合は)難しくなる」と、興梠に許したゴールをDF平岡康裕の対応ミスだったとし、阻止すべき失点だと振り返った。

 しかし、失点後のチームの戦いぶりには一定の評価を示し、「その後のゲームに関しては、浦和さんは引こうと思って引いたわけじゃないと思いますし、我々が狙い通りに押し込んでチャンスを作れた。願わくば、勝点1でもしっかり拾って帰りたかったですが、これぐらいやれるんだというものは示せたと思う」と惜敗にも、手応えを強調した。

 さらに渡邉監督は、攻撃面に関して「前進できる場所と必要以上に下りすぎない場所を明確に伝えた。その狙いをしっかりできれば押し込める」と語り、選手のポジショニングの良し悪しが調子のバロメータになっているとした。仙台は渡邉監督のもと、“立ち位置”という表現で攻撃時のポジション取りを意識付けており、指揮官の言葉からは、敗れはしたものの現在のサッカースタイルへの自信が窺えた。
【関連記事】
興梠、ヒーローインタビューで監督交代への想いを吐露… 追加点奪えず「これが現状」とも
「結果が出ればOKか?議論を」2位仙台・渡邉監督が異例の呼びかけをするに至った長崎戦の不満
3年ぶりの2位にも憮然…仙台指揮官「全然良い試合じゃない」「よく勝てたな」と辛口評価
仙台の美女チアリーダー『ベガルタチアリーダーズ』を一挙に紹介!
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 10月28日号
    10月14日発売
    2021年 J1&J2
    全42クラブの
    ラストスパート診断
    各番記者が旬な疑問に一発回答
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    10月6日発売
    MANCHESTER UNITED
    「新・黄金時代」の幕開け
    新生ユナイテッドの
    魅力と可能性に迫る!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ