浦和が強化体制を刷新!中村修三氏が8年ぶりに復帰しGMに就任

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年04月06日

「あらたな可能性にトライする必要性」(淵田敬三社長)から強化部門を再編へ

J1リーグ5節終了時点で未勝利の浦和が、強化体制にもメスを入れた。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 J1の浦和が6日、強化体制を変更すると発表した。山道守彦取締役が本部長(強化担当)を離れ、中村修三氏が7日付けで新設されるゼネラルマネジャー職に就く。また、新たに立花洋一副社長が強化部門を所掌する。
 
 中村氏はかつて浦和の強化部長やGMなどを歴任し、クラブ初タイトルとなる03年のナビスコカップ(現・ルヴァンカップ)や06年のリーグ優勝、07年のACL制覇に導いた人物。10年からは日本協会で女子部部長や代表チーム部担当部長などを務め、11年にはなでしこジャパンのワールドカップ制覇にも貢献している。浦和への復帰は、実に8年ぶりだ。
 
 浦和の淵田敬三社長は今回の人事について、クラブ公式HPで以下のようにコメントしている。
 
「山道本部長には、2011年にチームが残留争いをする苦しい時期に強化部長に戻ってもらい、チームの残留に貢献していただきました。2012年にはミシャ監督を招聘したほか、予算に見合った的確な補強で、毎シーズン優勝争いをするチーム作りに従事してくださいました。また13年ぶりとなるルヴァンカップ優勝、2度目のアジア制覇を実現するとともに、クラブ経営の安定化に多大なる貢献があったと考えています。
 
 しかしながら、ここからさらにチームを強くしていくためには、あらたな可能性にトライする必要性も感じております。立花副社長に強化部門全体を所掌していただくとともに新設するゼネラルマネジャーには、浦和レッズを知り、なでしこジャパンを世界1に導くサポートをするなど経験豊富な中村修三氏に就任いただくこととしました」
【関連記事】
【J1展望】浦和×仙台|監督交代の浦和は窮地を脱せるか?今季無敗の仙台に隙は見当たらないが…
浦和の監督交代は奏功するのか?広島戦で見えた大槻毅監督の方向性
ワールドクラスの美女揃い! W杯出場選手の「美人パートナー」たちは必見だ!
公式戦無敗は偶然ではない!仙台を支える課題抽出と改善の好サイクル
【W杯はこの23人で戦え!!】香川、清武、乾、内田。組織がない以上タレントを重視すべき

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト 最終登録メンバーを網羅!
    11月18日発売
    最終確定版!!
    カタール・ワールドカップ
    出場32か国
    選手名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 永久保存版
    11月5日発売
    稀代のファンタジスタ
    中村俊輔
    引退特集号
    特大ポスター付き
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 3年ぶりのJ1制覇!!
    11月10日発売
    J1優勝特集
    横浜F・マリノス
    喜田&水沼対談に
    J1 BEST PLAYERSも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月1日発売
    カタールW杯出場組が主役に!
    冬の移籍市場
    徹底リサーチ2023
    恒例卓上カレンダー付き!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ