好調の本田圭佑を韓国メディアが異例の特集!「危機的状況は乗り越えた」

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年03月06日

本田の代表招集は韓国でも関心事!?

10節を終えたメキシコ後期リーグで4G5Aをマークしている本田(右)。韓国の大手スポーツ紙もその活躍を報じた。(C)Getty Images

画像を見る

 メキシコ・リーガMXで出色のパフォーマンスを続けている本田圭佑が、珍しく韓国メディアで取り上げられ、パチューカでの活躍を称賛されている。
 
 3月4日に行なわれた後期リーグ10節、トルーカ戦で10試合連続スタメン出場を果たした本田は、1点のビハインドを追う53分に同点弾をアシストする。左CKから鋭い弾道のクロスを供給し、アレクシス・ペーニャの強力ヘッダーを引き出したのだ。チームはその後58分に勝ち越されて敗北を喫したが、日本人レフティーは力強くパチューカ攻撃陣を牽引し続けた。


 
 これで後期は4得点・5アシスト。10試合中8試合で得点に絡み、チームの全18得点中、実に半数に関与している計算だ。押しも押されもしないチームの中軸である。そんな地球の裏側での本田の奮闘を報じたのが、韓国最大のスポーツ紙『Sports Seoul』。「ホンダがワールドカップに邁進する」と銘打ち、こうレポートしている。
 
「ホンダ・ケイスケがメキシコで旋風を巻き起こしている。直近のトルーカ戦は敗れてしまったものの1アシストを記録。通算5アシストはリーグトップ(タイ)の数値である。開幕から10試合で4得点を挙げており、すこぶる好調のようだ」
 
 高地順応や怪我によって、メキシコでの新たな挑戦が出遅れたことを紹介。公式戦デビュー後はチームプレーに徹してコンスタントに結果を残し、北中米・カリブ海王者パチューカでのステータスを瞬く間に向上させたと記している。一方で、昨年10月と11月の日本代表戦に招集されていない点にも言及。疑問を投げかけている。
 
「調子が万全ではなかったのか、なぜかホンダはヴァイッド・ハリルホジッチ代表監督の選考から漏れている。日本は3月にマリ、ウクライナと親善試合を行なうが、そこで復帰を果たせるのかどうか。ホンダはもはや危機的状況を乗り越え、コンディションを回復した。招集されない手はないはずだ」
 
 お隣り韓国でも、本田の代表招集はひとつの関心事なのかもしれない。
 
 井手口陽介や原口元気、浅野拓磨ら常連組が所属クラブで悪戦苦闘を続けるなか、本田は完全にトップフォームを取り戻した感がある。はたして、指揮官の決断やいかに!?
【関連記事】
Jリーガーの「好きな女性タレント」ランキング2018年版! 石原さとみや新垣結衣を抑えて1位に輝いたのは?
日本代表主将、長谷部誠が珍しくブチキレた! 試合前には数百のテニスボールが投げ込まれ…
「俺が作るから休んでろ」長友佑都が今度は元ブラジル代表レジェンドに手料理を振る舞われる
「でかっ!」「さすがですねぇ」香川真司がJ開幕戦を観戦した超大型スクリーンを公開!
「救世主だ!」「完璧なトラップ」宇佐美貴史の5か月ぶり鮮烈弾を独メディアが絶賛!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 唯一無二の決定版!
    2月15日発売
    2024 J1&J2&J3
    選手名鑑
    60クラブを完全網羅!
    データ満載のNo.1名鑑
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ新シーズン開幕!
    2月9日発売
    2024年シーズン
    Jリーグ開幕ガイド
    順位予想や開幕戦の見どころ、
    主役候補たちを徹底チェック!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 恒例企画!
    2月15日発売
    2023-2024
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    82クラブのシーズン確定版
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ