【スタイル分析】攻撃を加速させる縦パスへの意識は高い|ドイツ

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年05月23日

カウンターでこそ真価を発揮する攻撃力。

メスト・エジル (C) Getty Images

画像を見る

 チームとしての成熟度が4年前より高く、主力の多くがキャリアのピークを迎えているドイツは、今大会の優勝候補に挙がる。
 
 基本システムは4-2-3-1で、ゲッツェでさえレギュラーを掴めないMF陣の充実が最大の強み。右膝の靱帯断裂からの復活を目指すケディラが本大会を棒に振っても、セントラルMFのその穴はクロースか、L・ベンダーで十分埋められるだろう。
 
 2列目は右からオフ・ザ・ボールの動きが光るT・ミュラー、傑出したクリエイティビティー誇るエジル、スピードと突破力を兼備したロイスと、タイプの異なる相性抜群の3人が並ぶ。1トップの柱は35歳となったいまなお、前線の基準点として変わらぬ存在感を発揮するクローゼだ。
 
 縦パスで攻撃を加速させるチャンスをつねに窺うのがチームスタイルの特徴。ボールポゼッションをそれなりに重視しつつも、展開をスローダウンさせるのは好まない。もっとも怖さを発揮するのはカウンター発動時だ。フィジカルが強くダイナミックな伝統はそのままに、高いテクニックを加え、より洗練されたサッカーを展開している。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
【関連記事】
GROUP G 日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 1月14日号
    1月14日発売
    引退記念企画
    中村憲剛を大特集!
    J1&J2全42クラブの
    最新陣容を探る!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ