【スタイル分析】格上相手に守備的な4-1-4-1で対抗か|ホンジュラス

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2014年05月23日

攻撃的なスタイルを好む指揮官だが。

カルロ・コストリー (C) Getty Images

画像を見る

 長身で個人能力の高いベンソンとコストリーを前線に置いた4-4-2が、予選時の基本形。ただしメキシコなど”格上”との試合では、ホームでも中盤にアンカーを配する4-1-4-1を用いていた。本大会のフランスやスイスとの試合は、中央を簡単に破られないこのシステムで戦う可能性が低くない。
 
 ただ、かねてから攻撃的なスタイルを好むスアレス監督のチームだ。最初から自陣に引いて専守防衛を決め込むとは思えない。
 
 ロンドン五輪でもホンジュラス代表を率いたスアレスは、ボールの位置に応じてラインを上下動する組織的な守備を植え付けた。攻撃はサイドアタックがメインながら、テクニカルなサイドMFのO・ガルシアとエスピノーサは、中に入り込んでFWと絡むプレーも得意だ。大黒柱のW・パラシオスは中盤でバランス感覚に優れたガリードと攻守を分担しながら、鮮やかな展開から迫力ある攻撃参加を見せる。
 
 ただMFの主力は総じてシュートの質が高くなく、フィニッシュはCFのコストリーに頼りがち。2トップの布陣は攻撃的に打って出る際のオプションになりそうだ。
 
文:河治良幸
【関連記事】
GROUP E 日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト 8月13日号
    7月22日発売
    2020年シーズン更新版
    J1&J2全40クラブ
    最新戦術ガイドブック
    攻守のメカニズムを徹底分析!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    8月7日発売
    短期決戦を制するのは!?
    一発勝負の
    「新CL」を大展望
    現地敏腕記者が大胆予想
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ