異国の地で新キャプテンに就任――チャン・ヒョンスはいかにしてFC東京をまとめるのか?

カテゴリ:Jリーグ

松尾祐希(サッカーダイジェストWEB)

2018年02月18日

「選手たちに助けてもらいながら、チームを引っ張っていく」(チャン・ヒョンス)

森重真人とのコンビで堅守を構築することができれば、上位進出は現実的なものとなる。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[プレシーズンマッチ]FC東京 1-0 横浜/2月17日/味スタ

 昨季、13位に終わったFC東京が新たなスタートを切った。指揮官には長谷川健太監督を迎え、ディエゴ・オリベイラ(←柏)や大森晃太郎(←神戸)といった人材が加入。首都の雄は捲土重来を期し、新シーズンに向けて着々と準備を進めている。
 
 変革の時を迎えた赤青軍団において、今季のキャプテンを託されたのがチャン・ヒョンスだ。昨季7月、4年ぶりにチームへ戻ってきたCBは森重真人から大役を継承。昨年12月のE-1選手権では韓国代表の主将を務めており、新たなリーダー役を託す上で実績は申し分ない。
 
 キャプテン就任が決定した時、チャン・ヒョンスは「最初は動揺もして驚いた出来事でした」と大きな不安を抱えていたが、「キャンプから自分が何をしないといけないかをすごく考えるようになった」と前向きに異国の地での挑戦を受け入れている。
 
 そこでチャン・ヒョンスにいかにチームをまとめていくのかを聞くと、殊勝な答えが返ってきた。「クラブでキャプテンをするのは初めてなので、模索しながらいい方向に進んでいきたい」と話し、「このチームは良い選手がたくさんいるので、そういう選手たちに助けてもらいながら、チームを引っ張っていく」という考えを明かしてくれた。
 
 実際に17日に行なわれたプレシーズンマッチの横浜戦では無失点に抑え、チームの勝利に貢献。「ゲームの中だけではなく、チームのためにやらないといけないことはたくさんあった」と本人は反省の弁を述べたが、仲間とコミュニケーションを取りながら、キャプテン初陣できっちりと結果を出した。
 
 謙虚な姿勢を崩さないチャン・ヒョンス。その積み重ねがチームを上位に押し上げる原動力となり、憧れである元韓国代表の闘将・ホン・ミョンボに近づくことにも繋がる。あと1週間と迫った浦和との開幕戦に向け、FC東京の新リーダーは準備を進めていく。
 
取材・文●松尾祐希(サッカーダイジェストWeb編集部)

【プレシーズンマッチPHOTO】FC東京 1-0 横浜FM 前田のゴールをFC東京が最後まで守り切る!
【関連記事】
重傷を乗り越えた森重真人が復調アピール!! 横浜戦で取り戻したかった”ある感覚”
【横浜】「新しいやり方になって、どうなのか?」アンカー喜田拓也の考えは…
注目のPSMはFC東京が横浜を撃破!!久保建英は78分から途中出場
衝撃の2発だけじゃない! 驚異の16歳・久保建英が見せた圧巻の成長ぶり
【TM結果一覧】徳島がG大阪に2連勝!! 呉屋大翔は古巣相手に決勝点!

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 12月9日号
    11月25日発売
    先取り移籍マーケット
    J1全20クラブの
    去就予測&注目候補10選
    磐田ダイジェストも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    12月2日発売
    ビッグディールを先取り展望!
    「移籍市場2022」
    超速ガイド
    恒例壁掛けカレンダー付き
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ