【スタイル分析】堅実な守備とサイドアタッカーの突破力が生命線|エクアドル

カテゴリ:国際大会

河治良幸

2014年05月23日

A・バレンシアの突破力が最大の強み。

アントニオ・バレンシア (C) Getty Images

画像を見る

 右ウイングのA・バレンシア以外に、世界のトップレベルでプレーしている選手はいない。基本システムは4-4-2ながら、苦しい戦いが予想される本大会では、4-1-4-1システムがメインになる可能性が高そうだ。
 
 自陣のやや深めに構える最終ラインと屈強なボランチで形成する守備ブロックは強固で、予選でも2点差以上をつけられての敗戦は、アウェーのアルゼンチン戦(0-4)だけだった。本大会も予選同様、堅実な守備と、両サイドアタッカーの突破力を最大限に生かしたカウンターに活路を見出すことになりそうだ。
 
 ノボアとカスティージョの2ボランチはボール奪取能力が高く、そこからサイドに展開し、クロスを入れるのが代表的な攻撃の形。昨年7月にエースのC・ベニテスが他界した影響で、前線の迫力不足は否めないが、カスティージョの正確かつ強烈なミドルシュートなど、他にも武器はある。
 
 また、敵陣でFKを得られれば、W・アジョビの左足が唸りをあげるだろう。直接決める力もあるが、屈強なCBエラソ、長身FWのF・カイセドが飛び込むセットプレーは破壊力十分だ。
 
文:河治良幸
【関連記事】
GROUP E 日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月23日号
    1月9日発売
    天皇杯優勝記念
    ヴィッセル神戸特集
    J1&J2全40クラブ
    2020冬の補強考察も
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月16日発売
    世界王者の強さに迫る!
    最強リバプール
    「完全解剖」
    サイドバック企画も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.30
    1月17日発売
    完全保存版!
    第98回高校選手権
    決戦速報号
    静岡学園が24年ぶりV
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ