【スタイル分析】ワイドに開いたウイングが果敢に仕掛ける|オランダ

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年05月23日

伝統の攻撃的なスタイルが復活。

アリエン・ロッベン(左)とロビン・ファン・ペルシ(右) (C) Getty Images

画像を見る

 ロッベン、ファン・ペルシ、スナイデルという3人のワールドクラスを擁するアタッカー陣は、準優勝した4年前の南アフリカ大会からほとんど変わらない。その一方で守備ブロックは、アンカーのN・デヨングを除けば、大幅に世代交代が進んだ。
 
 特に最終ラインはEURO12からそっくり顔ぶれが入れ替わったが、クオリティーは凡庸なままで、チームのアキレス腱になっている。予選の快進撃は、自慢の攻撃陣が守備の不足を補って余りある活躍を披露したからこその結果だ。
 
 基本戦術は、ファン・ハール監督の下で復活した、ワイドに開いたウイングが1対1の突破から局面を打開する、オランダ伝統の攻撃的なスタイルだ。ポゼッションを高めて主導権を握りながら、ゲームを支配。ピッチを幅広く使ってグラウンダーのパスを足下につないで攻撃を組み立て、サイドチェンジを多用しながらウイングへと展開しては、仕掛けの場面を作り出す。
 
 攻撃の最終局面は個の力に依存しがちだが、中心的役割を担うロッベンの突破力、ファン・ペルシの決定力は、いかなる相手でも違いを作り出す。
 
分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎

※分析は予選終了時。
【関連記事】
GROUP B 日程・結果

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    2020 Jリーグ総集編
    J1&J2&J3全50チームの
    1年間の激闘を収録!
    完全保存版のデータブック
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト特別増刊
    1月8日発売
    【引退記念号】
    中村憲剛
    充実のコンテンツ
    特製ポスター付き!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月11日号
    1月28日発売
    2021年度版
    J1&J2全42クラブ
    戦力充実度
    ランキング
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月21日発売
    10年ぶりのスクデットへ!
    名門ミラン、復活
    強いロッソネーロが帰ってきた
    豪華インタビューも掲載
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ