ホンダやヒデを退けて欧州最高の日本人となったのは… UEFAが「日本の成功例」を特集

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月13日

本田と中村を退けたスターは?

ドルトムントでも存在感を維持し続けている香川。今後の活躍にも期待は高まるばかりだ。 (C) Getty Images

画像を見る

 世界最高峰というべき欧州の舞台に身を投じ、熾烈な戦いを繰り広げている日本人選手たち。そんなサムライ戦士を『UEFA』が、「日本人の欧州最大の成功事例」と題して特集している。
 
 日本の建国記念日である2月11日に公開され、「建国記念日のため、UEFAでは欧州に影響を与える日本人選手に敬意を表します」と記した『UEFA』。同特集では、欧州でのプレー経験を持つ日本人選手を対象に4部門を設けてランキング形式で紹介している。
 
「チャンピオンズ・リーグ(CL)/チャンピオンズ・カップ(予選含む)」の通算出場数と得点数、UEFA主催のクラブの大会における通算出場数と得点数をそれぞれ部門別に掲載した結果、全部門でトップに輝いたのは、CSKAモスクワやミランなど欧州3か国でプレーした本田圭佑(現パチューカ)や元日本代表MF中村俊輔(現ジュビロ磐田)、元日本代表MF中田英寿氏ではなく、今なお、ドルトムントで活躍する香川真司だった。
 
 CL出場記録では、シャルケで7シーズンに渡って活躍した内田篤人(現鹿島アントラーズ)の31試合を上回り、香川が32試合でトップに君臨。またUEFA主催大会での得点数では、5得点で2位につける本田を引き離し、香川が11得点で堂々1位に立っている。
 
 また、日本人初のタイトル獲得者としては、現在コンサドーレ札幌に所属している小野伸二が紹介されている。
 
 鮮やかな妙技でフェイエノールトの攻撃を司った小野は、2002年に行なわれたドルトムントとのUEFAカップ決勝で3-2と勝利し、ビッグタイトル獲得に貢献していた。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト1月24日号
    1月10日発売
    J1・J2全40クラブの
    最新陣容チェック&
    移籍相関図
    南野と長友の特製ポスターも!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    1月17日発売
    取材記者が“とっておきの話”
    を打ち明ける
    WSD的
    「フットボールリークス」
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ