【スタイル分析】攻撃陣以上に鍵を握るCBコンビのレジスタ的機能|ブラジル

カテゴリ:国際大会

ロベルト・ロッシ

2014年05月23日

唯一の懸念材料はCFの人材不足。

ネイマール (C) Getty Images

画像を見る

 優勝が義務付けられるブラジルは、ほとんどのセクションにワールドクラスを複数擁している。戦力の絶対値と層の厚さはナンバー1だ。
 
 基本スタイルは伝統のポゼッションサッカー。ただ主導権を握ってリズムをコントロールしようとする意識は比較的薄く、縦に展開できるルートがあれば躊躇なく前線にボールを送る。中盤に典型的なプレーメーカーを置かず、最終ラインと2列目の3人が組み立ての生命線になっているのが特徴だ。
 
 ブラジルの強さの鍵は、攻撃陣以上に最終ライン、とりわけCBのT・シウバとD・ルイスにある。守備における絶対的な貢献はもちろん、攻撃においても実質的なレジスタとして機能するこのペアは、間違いなく世界最強だ。
 
 もちろんネイマールを筆頭とする攻撃陣の充実度もトップレベル。2列目の3人は1対1の突破力、コンビネーション、ラストパス、ミドルのいずれにも優れる。ただし、CFは唯一ワールドクラスを欠いている。通算6度目の優勝を果たすには、攻撃陣の中からヒーローが出てこなければ、つまりネイマールが重圧に打ち勝ち期待に応えられるかがポイントだ。

分析:ロベルト・ロッシ
構成:片野道郎
【関連記事】
GROUP A 日程・結果

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ