【ゼロックス杯】C大阪が2018シーズン一冠目! 山口、清武ら代表勢が活躍!

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月10日

C大阪が川崎から3発!

中盤で存在感を発揮した山口。先制点を挙げるなど、攻守両面で貢献した。(C) SOCCER DIGEST

画像を見る

 シーズンの訪れを告げるゼロックス・スーパーカップの川崎フロンターレ対セレッソ大阪が2月10日、埼玉スタジアムで行なわれ、3-2でC大阪が勝利を収め、2018シーズン最初のタイトルを獲得した。


 川崎は今季チームに復帰した大久保嘉人がベンチスタート。前線は小林悠が1トップに入り、2列目は右から家長昭博、中村憲剛、阿部浩之という顔ぶれ。一方のC大阪は、杉本健勇と柿谷曜一朗の2トップ。中盤はボランチに山口蛍と山村和也を起用し、左に清武弘嗣、右に天皇杯で決勝点をゲットした水沼宏太が入った。

 試合は、立ち上がりからC大阪が攻勢に立った。ボールを保持する川崎に対し、タイトな守備でボールを奪い、ショートカウンターで効果的な攻撃を見せる。すると26分、C大阪はペナルティエリア内中央でボールを受けた杉本が巧みなボールコントロールで後方に落とすと、これを走り込んだ山口がダイレクトで右足を振り抜く。シュートは川崎守備陣の間をすり抜け、ゴールネットを揺らした。C大阪が先制に成功した。

 しかし川崎も徐々に反撃。36分には波状攻撃を見せ、ペナルティエリア内から立て続けにシュートを放ち、最後は中村がゴールを狙うが、惜しくも枠を外れた。さらに川崎は前半アディショナルタイムにCKのチャンス。奈良竜樹がヘディングでゴールを狙うが、これも枠を捉え切れず。前半はC大阪の1点リードで終了した。

 後半に入り、先にスコアを動かしたのはC大阪。48分、後方からのフィードに杉本がヘディングで競り勝つと、これを拾った清武が抜け出す。清武がGKとの1対1を冷静に制して、ゴールネットを揺らし、C大阪に追加点をもたらした。

 一方、川崎は後半頭に大久保嘉人、森谷賢太郎を投入してスタート。2点ビハインドの51分に車屋紳太郎がペナルティエリア内でのヘディングの競り合いで倒され、PKを獲得すると、これを昨季リーグ得点王の小林が難なく沈め、1点差に迫る。

 C大阪は60分すぎ、敵陣左サイドでボールを保持した清武が、背後を回り込んだ味方の杉本と激しく接触。右肩付近を強打して退場を余儀なくされる。C大阪は64分、清武に代えて高木俊幸、水沼に代えて福満隆貴を投入した。

 そしてC大阪は78分、今季新加入した途中出場のヤン・ドンヒョンからのスルーパスに高木が反応。抜け出した高木は、落ち着いてゴールに流し込み、再びリードを2点差とする。

 川崎は後半アディショナルタイムに反撃。左サイド深くに進入した途中出場の長谷川竜也が中央に折り返すと、これを大久保が押し込み1点差に。さらに攻勢に出る川崎は再三C大阪ゴールに迫る。

 しかし川崎の反撃もここまで。最後はC大阪が守り切り、3-2で勝利。今季最初のタイトルを獲得した。

【ゼロックス杯PHOTO】川崎×C大阪戦の美女サポーターたち

【ゼロックス杯PHOTO】C大阪が2018シーズン一冠目! 日本代表勢が活躍!!

【NEXT GENERATION MATCH】U-18 Jリーグ選抜 1-3 日本高校サッカー選抜。前半に2点を奪取した高校選抜が勝利

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月9日発売
    決定版がついに完成!
    2019年 J1&J2&J3選手名鑑
    55クラブを完全網羅
    ハンディ版も同時発売!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト2月28日号
    2月14日発売
    2019年J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    あらゆる角度から総力予想
    特別付録は「選手名鑑」!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月21日発売
    2000年代生まれの
    ニューヒーロー
    新時代を牽引する
    「ダイヤの原石」たち
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.27
    1月18日発売
    全47試合を完全網羅!
    第97回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が2年ぶり制覇
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ