「キャプテン翼を読んで育った僕にとって…」J2愛媛退団の安田晃大が南葛SCへ移籍

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年02月06日

「早くユニホームを着てプレーしたくてうずうずしています!」

J2から東京都1部へ舞台を移すことになった安田だが、憧れのユニホームに袖を通せる嬉しさが強いようだ。(C) J.LEAGUE PHOTOS

画像を見る

 東京都社会人サッカー連盟1部リーグに所属する南葛SCが2月6日、2017シーズン限りで愛媛FCを退団していたMF安田晃大を完全移籍で獲得したことを発表した。


 ジュニアユース時代からガンバ大阪で育った安田は、G大阪でプロキャリアをスタートさせたのち、ギラヴァンツ北九州、東京ヴェルディ、ガイナーレ鳥取などを渡り歩き、2015年に愛媛FCに移籍。2年半で44試合・2得点の成績を残した。

 移籍先の南葛SCは、1983年に葛飾区立常盤中サッカー部OBを中心とした「常盤クラブ」として誕生。その後、葛飾区サッカー連盟からJクラブを目指す動きの中で組織改革がなされ、2013年には漫画『キャプテン翼』の作者、高橋陽一氏を後援会会長に迎え、チーム名を「南葛SC」に変更して再始動。当時東京都3部だったチームは現在、同1部まで上昇を続けている。

 安田はクラブ公式サイトを通じて、次のコメントを残している。
「南葛SCのファン・サポーターの皆さん、はじめまして、安田晃大です。南葛SCに加入することができ、大変うれしく思っています。高橋先生はじめ、フロント、スタッフの皆さんに感謝しています。『キャプテン翼』を読んで育った僕にとって、南葛SCでプレーできることを、とても誇らしく思っています。早くユニホームを着てプレーしたくてうずうずしています! 南葛SCの関東2部リーグ昇格、そしてさらにもっともっと上へいくために、責任と覚悟を持って全力でプレーします! 皆さん一緒に戦いましょう! そして南葛SCを一緒に盛り上げていきましょう! よろしくお願いします!」

 また、愛媛のファン・サポーターに対しては、「愛媛FCサポーターの皆さん、2年半応援ありがとうございました。愛媛という街が大好きになりました。愛媛FCのこれからの活躍楽しみにしています。ありがとうございました」と感謝の言葉を残している。
 
【関連記事】
2018年冬版「推定市場価格ワールドランキング」トップ100! 日本人選手は食い込めたか?
【Jリーグ勢力図】都道府県別 選手数ランキング|“王国”静岡は6位、最多6クラブを抱える神奈川、育成年代も強い大阪、埼玉、千葉は何位?
最新版「日本人フットボーラー推定市場価格」トップ50! 1位香川、2位岡崎…本田、柴崎、乾は?
J1最新版「推定市場価格ランキング・トップ30」を公開! 1位は名古屋にやってきたあの…
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ