• トップ
  • ニュース一覧
  • 齋藤学がインスタグラムに想いの丈を投稿! 「ここまで叩かれて戻る場所を無くしても…」

齋藤学がインスタグラムに想いの丈を投稿! 「ここまで叩かれて戻る場所を無くしても…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2018年01月19日

「今までマリノスの選手として闘ってきたこと。これだけは否定されたくない」

同じ神奈川のライバルチームである川崎への移籍を決めた齋藤には、多くの賛否両論のコメントが寄せられていた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 横浜F・マリノスから川崎フロンターレへ移籍した齋藤学が1月19日、自身のインスタグラムなどSNSを更新。移籍に際しての現在の心境を綴っている。

 今回の移籍は齋藤自身が横浜のクラブ公式サイトを通じて、「恩を仇で返してしまうことになってしまいました」と語るなど、苦渋の決断だったことを吐露。8歳からクラブで育まれた生え抜き選手が、同じ神奈川のライバルクラブであり昨季王者の川崎へ移籍することから、その反応には過激な内容も多かった。

 齊藤は「居心地の良いところにいるよりも新しいところに行く怖さ。正直、不安はあるし、緊張するし。それでもここまで叩かれて、戻る場所を無くすことになってまでも、挑戦すると決めました」と、多くのバッシングを覚悟の上で新天地での挑戦を選んだことを明かしている。

 さらに続けて、いまだにマリノスへの強い愛情を持ち続けていることを告白。
「そして、これだけは言えます。10番もキャプテンも中途半端な気持ちで背負っていません。日々その重みを感じながら、怪我する前はピッチで、怪我してからもピッチ外で、マリノスがどうすれば良いチームになるか自分なりに考え行動してきました。

 僕はマリノスが大好きです。
 だって、自分の全てが、詰まった、8歳から過ごしてきたクラブですよ。『屑、死ね、裏切り者、怪我治るな』など何を言われてもしょうがない。そう思っていましたが、ひとつだけ言わせてもらいたい。
 今までマリノスの選手として闘ってきたこと、これだけは否定されたくない」

 齊藤はこう述べて、自らの横浜愛とともに、これまでチームへ忠誠を尽くしてきた自負も垣間見せている。

 そして、最後には次のような言葉でメッセージを締めくくっている。
「たくさんの人を失望させ傷つけてしまって、すみません。
叱咤激励の投稿、コメント、ほぼ読ませていただきました。
こんな中でも応援してくれている人がいること、どんなに嬉しかったか。
ありがとうございました。

最後に、横浜F・マリノスに関わる全ての皆さん、今まで本当にありがとうございました。長い間、お世話になりました。

そして、川崎フロンターレの皆さん、お世話になります。誠心誠意 全力を尽くしてプレーします!
宜しくお願いします。」

 現在の心境をここまで正直に語ったのは、多くの反応があったからこそだろう。齋藤はいまだ昨シーズンの怪我が癒えず、リハビリに励んでいる状況だが、新シーズンの横浜戦でピッチに立つことになれば、再び様々な反応を引き起こすことになりそうだ。
【関連記事】
横浜の齋藤学が”ライバル”川崎へ完全移籍!「恩を仇で返してしまうが…」「また一から自分を作っていきたい」
【横浜】齋藤学がいなくても大津祐樹がいる!「このチームを背負っていけるように――」
中村俊輔、遠藤保仁、小野伸二…を超える「最も衝撃を受けた」と鈴木啓太が引退記者会見で明かした“意外”な選手とは?
【横浜】やはりポゼッション重視? 新監督ポステコグルーの強化ビジョン
【U-23】まさかの0-4に森保監督も苦悶の表情「自分たちは追いつかないといけない」

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ