『高校生フリーキック選手権2017 東京都大会 supported by スカサカ!』。優勝は駒澤大高

カテゴリ:PR

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月11日

今年も白熱! 駒澤大高が2017東京都大会王者に輝く

優勝した駒澤大学高等学校Cチーム。思い出とともにたくさんの賞品をゲット。大会アンバサダーのふたりと記念撮影。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

 11月25日、『高校生フリーキック選手権2017 東京都大会 supported by スカサカ!』が東京港区で開催された。この大会は「日本をフリーキック大国にしたい」と願う発起人の三浦淳寛氏の思いを受けて、昨年誕生したもので、今年で2回目。参加した高校生たちにとって、FKに本気で向き合った時間は、新鮮、かつ濃厚なものだった。
 

 「日本をフリーキック大国にしたい」という三浦淳寛氏の熱い思いを乗せた『高校生フリーキック選手権2017東京都大会 supported by スカサカ!』が、港区の東京工業大学附属科学技術高校のグラウンドで行なわれた。

 ルールはいたってシンプルで、簡単に言ってしまうとPK合戦のFK版。特徴的なのは決められたポイントであればどこにボールを置いても構わないという点だ。5人が蹴って勝負がつかない場合はサドンデスへ。逆に守備側は、4名の壁と1人GKを選出。15秒以内に壁をセットし、あとはゴールを守るだけというもの。大会には19チーム、約120名が参加し、熱戦が繰り広げられた。

 開会式で三浦氏は「やるからには優勝目指してやってほしい。本気でやると悔しいはず。もし負けたときは、本気で悔しがってください。それが成長につながる」と選手たちに檄を飛ばし、大会は幕を開けた。

 序盤はゴールの上へ大きく外してしまう選手が多く見受けられたが、合間に行なわれた三浦氏によるFKのデモンストレーションの成果もあってか、決勝トーナメントに入るころには、蹴り出されるボールの質にも変化が見られ、ゴールネットを揺らす回数も増えていった。

 予選4グループのそれぞれ上位2チームが決勝トーナメントに進出。決勝戦では2本のFKを成功させた「駒澤C」が「東工大B」を下し、2017東京都大会優勝の栄冠を手にした。

 決勝戦の主審を務めた元国際審判員の西村雄一氏は、閉会式で「日本代表になって、“ここでFKを決めたから今があるんです”というコメントを待っています。ぜひ頑張ってください!」と選手たちの将来に期待を込め、大会を締めくくった。

 来年度も関東エリアを中心にフリーキック選手権を実施していく予定。「日本にはフリーキッカーがいないんじゃない、やってないだけ。この大会が練習をするきっかけになってほしい」と語った三浦氏。「フリーキック大国」を目指すプロジェクトから今後も目が離せない。

取材・文:手塚集斗(サッカーダイジェストWeb編集部)
 
「スカサカ!」で大会のダイジェストが放送されました!

参加対象は都内の高校に通う高校生(参加無料)。今年は19チームが参加した。途中、三浦淳寛氏によるFK実演講習会なども行なわれた。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

【関連記事】
第1回高校生FK選手権を開催! アンバサダーの三浦淳寛氏「日本をFK大国に」
遠藤保仁や柴崎岳が着用するアンブロのスパイク『アクセレイター』を高校生プレーヤーが履いてみた!

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月12日発売
    欧州サッカー名鑑の決定版
    2022-2023
    EUROPE SOCCER TODAY
    シーズン開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2022年10月13日号
    9月22日発売
    ドーハの悲劇から30年
    完全保存版
    日本代表
    W杯全史
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月15日発売
    カタールW杯展望
    列強9か国
    登録「26人」完全予想
    必見タレント図鑑も
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.36
    7月8日発売
    夏の風物詩が開幕!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52チームを徹底紹介
    1040選手の顔写真&データ網羅
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ