R・マドリーのセルヒオ・ラモスが不名誉すぎるリーガ記録を樹立

カテゴリ:メガクラブ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年12月04日

R・マドリーは次節で主力3選手が出場停止に。

フェイスガードを装着してA・ビルバオ戦に臨んだS・ラモスは、イエローカード2枚で試合終盤に退場に。(C)Getty Images

画像を見る

 現地時間12月2日のリーガ・エスパニョーラ第14節、アスレティック・ビルバオとの一戦(スコアは0-0)で、レアル・マドリーの主将セルヒオ・ラモスが不名誉な記録を樹立した。リーガ史上最多となる通算19度目の退場を命じられている。
 
 11月18日に行なわれたアトレティコ・マドリーとのダービー(12節)で鼻を骨折したS・ラモスは、フェイスガードをつけて4試合ぶりの公式戦出場。11分に相手MFのラウール・ガルシアと競った際、肘打ちをしたとしてイエローカードを提示されると、86分にはアリツ・アドゥリスとの空中戦でふたたびエルボーを見舞ったとして二度目の警告を受け、試合終了の笛を待たずしてピッチを去ることになった。
 
 スペイン紙『Marca』によると、S・ラモスはリーガ通算416試合目にして通算19回目の退場。かつてセビージャなどでプレーしたパブロ・アルファロ、元サラゴサのシャビエル・アグアドが記録した18回を上回り、リーガでもっとも退場した選手となった。
 
 なお、2005年のR・マドリー入団以来、S・ラモスはリーガでの19回に加え、チャンピオンズ・リーグで3回、コパ・デル・レイで2回と、公式戦で通算24回の退場を経験している。
 
 今シーズンがR・マドリーでの13シーズン目となる31歳のベテランだが、1年を通じてレッドカードを出されなかったのは2014-15シーズンだけ。逆にもっとも多かったのは加入1年目の2005-06シーズンで、4度の退場を経験した。
 
 センターバックというポジションに加え、気迫みなぎる激しいプレーを厭わないS・ラモスだけに、警告や退場の回数が多いのは致し方ないところだが、ジネディーヌ・ジダン監督にとって主将の出場停止は小さくない痛手だ。R・マドリーは次節、セビージャと対戦する。
 
 そのセビージャは現地時間2日に行なわれたデポルティボ・ラ・コルーニャ戦で勝利し、勝点28でR・マドリーと並んでいる。首位バルセロナを勝点8差で追うR・マドリーは、これ以上ポイントを落とせない状況で、復帰したばかりのS・ラモスを欠くことになる。
 
 しかもR・マドリーは、今回のA・ビルバオ戦で通算5枚目のイエローカードをもらったカゼミーロとダニエル・カルバハルも、同じく累積警告でセビージャ戦に出場できない。いまだ調子が上がらずに批判を浴びるR・マドリーとジダン監督は、この難局を乗り切ることができるのか。

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト サッカーダイジェスト責任編集
    2月18日発売
    2021 Jリーグ選手名鑑
    全57クラブを完全収録!!
    データ満載のNo.1名鑑
    ポケット版も同時発売!!
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 2月25日・3月11日合併号
    2月10日発売
    J1&J2リーグ
    開幕ガイド
    順位予想、開幕戦の見どころ、
    今季の注目株etc を総ざらい!
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    2月18日発売
    2020-21シーズン
    最終陣容が確定!!
    欧州クラブチーム
    冬の選手名鑑
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.32
    1月15日発売
    第99回高校選手権
    決戦速報号
    山梨学院が11年ぶりV
    全47試合を総力レポート!
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ