今季最長プレーの岡崎慎司を地元紙が高評価! 「シンジはいまだヴァーディーのベストな相棒」

カテゴリ:ワールド

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月29日

原点回帰を促したピュエルの采配に『BBC』は…。

立ち上がりからエンジン全開といった様子で、攻守両面でプレーに関与した岡崎。その積極的なプレーを地元紙は褒めちぎっている。 (C) Getty Images

画像を見る

 原点回帰を図っての堅守速攻のスタイルが功を奏し、強敵トッテナムを撃破したレスター。試合後の評価は軒並み高く、選手たちに対する寸評採点では高得点が並んだ。
 
 この日、元来、採用してきた4-4-2に布陣を戻したレスターは好スタートを切った。
 
 13分、岡崎慎司のプレスバックボールを奪ったレスターは、左サイドに開いたマーク・オルブライトンからのアーリークロスをジェイミー・ヴァーディーがダイレクトで合わせて先制に成功する。
 
 前半終了間際の46分にも得意の速攻からレスターは魅せる。ハーフウェーライン付近でボールを受けたリャド・マハレズが、ドリブルで持ち運び、鮮やかなミドルシュートを突き刺したのだ。
 
 後半はトッテナムの猛攻にさらされるも、反撃を79分のハリー・ケインの1点にとどめ、リードを守り切ったレスターは2-1で4試合ぶりの勝利を収めた。
 
 試合後、地元紙『Leicester Mercury』は寸評採点を掲載。ジェイミー・ヴァーディーとビセンテ・イボーラに最高評価の「9」を付けた。
 
 また、この試合で今シーズン最長の83分間もピッチに立ち続け、攻守に奔走した岡崎へは、「8」と高い採点が付き、「このシステムにおいて、シンジはいまだヴァーディーのベストパートナーだ」と寸評が綴られた。
 
 強敵トッテナムを撃破したレスターへ賛辞を贈ったのは、地元紙だけにとどまらない。英国国営放送の『BBC』は、「ピュエルの静かな革命」と見出しを打ち、指揮官のクロード・ピュエルが10月25日に就任して以来、プレミアリーグ5試合でわずか1敗(2勝2分け1敗)しかせず、順位を一桁台の9位に浮上させたことを称賛した。
 
「このフランス人指揮官は就任から1か月で静かにチームを浮上させた。過去5試合の1敗も相手は(首位の)マンチェスター・シティであった。トッテナムとの一戦で見せたプレーは、2015-16シーズンにリーグタイトルを獲った時のテンプレートを見ているかのようだった」
 
 しかし、辛口評価でも知られる『BBC』は、苦言を呈することも忘れてはいなかった。
 
「ピュエルは理解しているはずだが、前任者のクレイグ・シェイクスピアも、原点回帰を促し、最初こそ上手くいったが徐々に勢いは尽きていった。フランス人指揮官がレスターを統治するためのテスト期間は限られている」
【関連記事】
衝撃! レスター主砲の美人妻がイモムシやゴキブリを食らう…一体なぜ?
【現地発】デ・ブルイネの「インテリジェンス」がマンCの圧倒的な破壊力を生む
三竿健、初瀬ら5名を初選出! E-1選手権へ臨む日本代表メンバーを発表!
D・アウベスがイタリア・サッカーに警鐘「カルチョのレベルは下がった」「いまこそ変化を!」
交渉は東京で行なわれた!? サウジアラビアが前チリ代表監督を招聘

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • ワールドサッカーダイジェスト WSD責任編集
    9月10日発売
    欧州サッカークラブ
    選手名鑑の決定版!
    2021-22 EUROPE SOCCER
    TODAY 開幕号
    詳細はこちら

  • 週刊サッカーダイジェスト 9月23日号
    9月9日発売
    緊急提言
    この布陣で
    W杯最終予選を突破せよ!!
    日本代表「最強スタメン」
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト ワールドサッカーダイジェスト
    9月16日発売
    2021ー2022 SEASON
    出場32チームを完全網羅
    CL選手名鑑
    顔写真&データが充実!
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVol.33
    7月28日発売
    2年ぶりの本大会開催!
    インターハイ選手名鑑
    出場全52校・1040選手を網羅
    データ満載の決定版
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ