敗戦の中の光!? J1デビューの17歳、平川怜にFC東京指揮官「負けていても出せるのは…」

カテゴリ:Jリーグ

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年11月18日

「中盤の構成力を上げて、前にもよくボールを供給していた」

J1デビューを飾った平川。指揮官も信頼してピッチに送り出した。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

画像を見る

[J1リーグ32節]鳥栖 2-1 FC東京/11月18日/ベアスタ

 敵地で1-2と敗れたFC東京だが、希望の光となる期待の新鋭がJ1デビューを飾った。


 前半で2点を叩き込まれ、0-2とリードを許して迎えた72分。FC東京はピーター・ウタカに代えて、今月1日にプロ契約をしたU-17日本代表の高校2年生、平川怜をピッチに送り出す。17歳215日は、クラブ史上最年少でのJ1デビューとなった。

 平川は投入直後の73分には右サイドを駆け上がる室屋成に絶妙なロングフィードを供給。これ以降も長短のパスを織り交ぜ、チームの攻撃にリズムをもたらした。結局、試合は終了間際に大久保嘉人のゴールで1点差に迫ったものの敗戦。しかし、将来性豊かな17歳のデビューは上々のものとなった。

 それは指揮官も認めるところで、試合後、平川についてコメントを求められた安間貴義監督は、次のように平川のパフォーマンスを讃えた。
「彼はしっかりとJ3でプレーをしていますし、今はトップにいる選手が彼の良さを出そうとしてくれている。だからこそ、こういう負けている状況でも思い切って出せますし、彼も期待に応えて中盤の構成力を上げて、前にもよくボールを供給していました。良いデビューをしたんじゃないかと思っています」

 平川の早期デビューは、チーム全体が彼をうまくバックアップしているなかで実現したと言える。次節は、平川と同じく1日にプロ契約をした久保建英のベンチ入り、そしてJ1デビューも期待されるところだ。

【PHOTOギャラリー】鳥栖がクラブ20周年記念試合を勝利で飾る! FC東京は17歳・平川怜がデビュー
【関連記事】
【J1採点&寸評】鳥栖2-1FC東京|鳥栖の黒豹がワールドクラスの存在感!GK権田も絶妙な位置取りを披露
【FC東京】17歳・平川怜がJ3でプロ初ゴール! 鮮やかな切り返しでDF二人をかわし左足弾!!
「中学生だよね?」市船指揮官も感嘆する久保建英の存在感。帰国後1年半の成果はどこに?
【改めて振り返るU-17W杯】久保建英や平川怜らは、世界との"真剣勝負"でなにを得たのか?
8戦未勝利の泥沼状態に、ガンバ長谷川監督は退任決定のなかで指揮を執る難しさを吐露

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト いよいよ五輪開幕!
    7月10日発売
    パリ五輪特集
    U-23&なでしこ
    日本代表 選手名鑑
    男女出場28か国ガイド付き
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 完全保存版
    7月18日発売
    欧州王者はスペイン!
    EURO2024
    大会総括
    出場24か国の通信簿
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ