「オカザキこそがベストプレーヤーだ!」レスター地元紙が岡崎慎司を“最優秀”に推す!

カテゴリ:海外日本人

サッカーダイジェストWeb編集部

2017年10月23日

「彼のニューシューズがいいのかもしれない」とも

岡崎がいれば「9得点」、いなければ「3得点」。データ上でもその存在の大きさが窺い知れる。(C)Getty Images

画像を見る

 土曜日のプレミアリーグ9節、敵地でのスウォンジー・シティ戦で2-1の快勝を収め、ようやく今シーズン2勝目を挙げたレスター・シティ。その試合で先制点の起点となり、49分にはみずからゴールを決めてチーム全得点に絡んだのが、日本代表FW岡崎慎司だ。
 
 レスターを愛して止まない地元紙『Leicester Mercury』は、あらためて岡崎の存在意義を強調。「ここまでのプレーヤー・オブ・ザ・シーズン」と言い切る。
 
「シンジ・オカザキはチームにとって、いまやラッキーチャーム(幸運のお守り)以上だ。彼がピッチに立つとシティのパフォーマンスは著しく良化し、対戦相手が嫌がる動きを常にしながら、リンクマンとして卓越した働きを見せる。そして、中盤とジェイミー・ヴァーディーの間をつなぐ不可欠なパーツとなっているのだ。スウォンジー戦では右へ左へと的確にパスを散らし、とりわけ両サイドのリャド・マハレズ、マーク・オルブライトンとの関係性、引き出し合いが素晴らしかった」
 
 さらに同紙は「オカザキは今シーズンのここまでベストプレーヤーであり、スウォンジー戦はベストパフォーマンスだった」と称え、データ上でもそれが如実に表れていると説明する。
 
「今シーズンのプレミアリーグで、オカザキは440分間プレーしているが、シティはその状況下で9得点を奪っている。逆に彼がいなかったのは370分間で、こちらは3ゴール。やはりWBA戦でオカザキをベンチ外にしたクレイグ・シェイクスピア(前監督)の判断は、明らかな誤りだったのだ」
 
 おまけに、スパイクにも言及。「彼のミズノ製のニューシューズがいいのかもしれない。あのボディーバランスの良さは普通ではないから」と綴っている。
 
 一方で同紙は、今シーズンの低迷を招いた人物のひとりとして、スポーツディレクターであるジョン・ラドキンの名前を挙げた。スウォンジー戦ではレスター・ファンが「出ていけ、ラドキン!」と書かれた横断幕を掲げ、彼を揶揄するチャントも浴びせたという。「キング・パワー(レスターのオーナー会社)の意向なのだろうが、クラブはファンの声にもっと耳を傾けるべきだ。レスター・シティはなにを置いてもファンを第一に考えるクラブである。その伝統を忘れてはいけない」と記した。
【関連記事】
レスター暫定監督が岡崎慎司をベタ褒め!「シンジのなにが凄いのかを思い知らされた」
「フランクフルトの謙虚で控えめな英雄」ブンデスリーガ公式HPが長谷部誠を特集!
「スーパーシンジがレスターを救う!」決勝点の岡崎慎司を地元紙が手放しで称賛!
岡崎慎司にレスター地元紙が仰天の採点9!「その役割において右に出る者はいない」
大活躍の宇佐美貴史。試合直後にスウェーデン代表FWと口論に!?

サッカーダイジェストTV

詳細を見る

 動画をもっと見る

Facebookでコメント

サッカーダイジェストの最新号

  • 週刊サッカーダイジェスト Jリーグ特集
    6月10日発売
    詳細データ満載!
    J1&J2全40クラブ
    前半戦 通信簿
    全1366選手を完全査定
    詳細はこちら

  • ワールドサッカーダイジェスト 開幕前に総チェック!
    6月6日発売
    選手名鑑付き!
    EURO2024
    出場24か国
    戦術完全ガイド
    詳細はこちら

  • 高校サッカーダイジェスト 高校サッカーダイジェストVo.40
    1月12日発売
    第102回全国高校選手権
    決戦速報号
    青森山田が4度目V
    全47試合を完全レポート
    詳細はこちら

>>広告掲載のお問合せ

ページトップへ